上がる!RISEBOXスタッフブログ

2014年10月30日 木曜日

足が前に出にくい!の評価で、足首に要因がある場合!テーピング編Part2

ぽぽぬまさまーーーーー!

あ、

ほまれです。

本日、イオン東浦のスポーツオーソリティに行ってきました。

もちろんメジャー片手に。

堂々と。

否定される覚えはありませんから!

そして大変なことに気付きました!

今頃ですが・・・・・

今シーズンの「ニューバランス1040」よりも、去年モデルの方がシャンクが長いんです!

シャンクって、覚えてますか?

参考動画➡️➡️➡️シャンク(靴底)の作りについてお話します。

計ってませんが、その差は約1.5センチ。

このはホントにでかいです。

つまり、今年より去年のモデルの方が、より安定するということなんです。!!1

これ、現在、ほまれ接骨院の院長の中本も履いてます。

そ〜いえば、これ買ったときに、超ーーーいいんです!

って、言ってた気がします。

まぁ、今年のモデルは24時間テレビでTOKIOの城島リーダーが履いて有名になりすぎて、全然在庫がないので。

ちょうど良いです。

とにかく、このシャンクの構造一つで足の安定感が全く変わります。

なので歩行中・走行中に足が前に出にくさに直結します。

あ、今日はそれに対するテーピング法ですな。

前回は距骨でした。

今回はくるぶしの誘導です。

誘導方向は昨日マサミマンが説明してくれました。

今日はその方法です。

では・・・・・・・

いっきまーーす!

まずは。

テープを巻く時のポジションが重要です。

足首の角度が直角!

足首前方のスジを出さないこと!


これは前回の距骨の誘導時のと同じです。

① 前方誘導。

これも距骨の前方誘導の時と同様、少し厄介です。

テープの始まりはくるぶしの上のやや後ろ。

内側からでも外側からでも、どっちから貼り始めても構いません。

で、例えば、内側から貼り始めたら、外側くるぶしの下に向かってやや引っ張りながら貼ります。



逆も同じです。

② 後方誘導

両くるぶしのやや上の真ん中から、貼り始め、やや引っ張りながら両くるぶしの上のやや後ろで貼り終わる。



③ 内回し誘導

外くるぶしの上のやや後ろから貼り始め、そのまま逆の内くるぶしの上のやや後ろで貼り終わる。 



④ 外回し誘導



内側から始め、やや引っ張りながら足首の前を貼り、そのまま外側で終わる。

最後に!

くるぶしの上下のテープを止めなければいけません。

さらにせっかくなので1枚の5センチ幅のテープで止めたい。

つーまーり、くるぶしの上下のテープはくるぶしの後ろでできるだけ集めておきたいです。

そーすると上手にテープを覆い隠すことが出来ます。

さらに重要なのが、

この止めるテープを巻く時のポジションが重要です。

① 足首の角度が直角以上!

自分でできる限り足首をお越します。

② 足首前方のスジを出すこと!

足首前方のスジがしっかり出るくらい、足首をおこそーぜ!

っていうこうと。



つーまーり。

この方法でテープを通さないとアキレス腱が超きつくて痛い痛い!

になります。

が、しかーーーし。

このテーピング方法はホントによく使います。

捻挫後も使います。

原因不明の足回りの痛みにも使います。


つまり!

超使えるぜーーーーーーー!

あ、参考動画➡️➡️くるぶしのテーピング  距骨とくるぶしのテーピングの終わり方




RISE BOX(ライズボックス)
〒448-0843
愛知県刈谷市新栄町2-17
今すぐお電話を!
⬇️⬇️⬇️
0566-23-1033
治療受付時間  月~金 12:30~20:30
                          土    8:30~12:30
        定休日 : 日・祝
・ランナー・ウォーキング愛好家・登山家へのバランス調整整体
・魚の目・巻き爪・たこ・外反母趾などのフットケア
・靴の提案・改造・販売、インソール(機能的中敷)作成
は刈谷市(名古屋市・大府市・東海市・豊明市・知多市・東浦町・豊田市・みよし市近郊)の当院へ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ほまれ接骨院(RISEBOX)

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30