上がる!RISEBOXスタッフブログ

2014年10月 1日 水曜日

やっぱりインソール(機能的足底板)は重要です!刈谷ライズボックス

こんにちは〜happy01
マサミです。


本日、ついにほまれマンがランニング出勤してきましたよ!

約4〜5kmの距離なんですが、50分かかったそうです。

1km10分のペース。

つまり、ほぼ歩き。

アップで10分歩いて、ブラジル体操して、さあ!走るぞ!

って走ったら、1分で心臓バクバク。

息が上がってしまって走れず

足も前に出ない。

まさにおじいちゃん状態。

そして途中で踵が痛くなる始末。

ほまれマンのランニングシューズ『ミズノ ウェーブクリエーション14』靴底の半分から踵までの部分が空洞になっています。



なので、ポンポン跳ねます。

イコール、地面からの反発力が強いという事です。

跳ねるので多少ストライド(歩幅)も伸びます。

歩幅が大きいと地面からの反発力も大きくなります。

てことは、地面から受ける衝撃が強いって事です。

この靴は機能としては良い靴です。

踵もしっかりしているし、シャンクも前まであるので安定性もあります。

ただ、ほまれマンの今の身体の状態が衝撃の吸収をうまく出来ないみたいです。

こんな方には、私達が衝撃吸収できる身体になる様に施術でお手伝いしています。

身体を触る事以外では、足の骨をテーピングなどで誘導して足の歩幅等をコントロールする事で身体に過度の衝撃がいかない様に調整したりします。

ただ、テーピング等を常に貼るのはかぶれる等のリスクも高いので、やはりインソールの作成をお勧めしています。

いきなりインソール作成が不安な方には、効果を知ってもらうために、まず元々ある靴の中敷きにポイントを貼って調整したりもします。

ただ、インソールの方がはるかに誘導の効果としては高いです☆

インソール作成や、その人にとって最も良い体重の乗る方向を見極める為には細かい評価をします。

動画 ➡️ (体重を乗せる方向を決める為の評価方法)

そして、方向が決まったら、高さも決めます。

動画 ➡️ (体重を乗せる方向をどうやって変えていくの?)

こんな感じで、方向と高さが決まったら中敷きを調整します。



ほまれマン、走って(ほぼ徒歩ですが笑)きちゃったので走って帰らないといけないんですが、今日靴擦れまでしちゃった様なので、靴擦れが痛くない様に中敷きを調整して帰るそうです。

走りに慣れてきたらインソール作成ですね!



では、本日はこれにて失敬!
ありがとうございました☆happy01


当院のフルオーダーインソールの詳細ページです!



RISE BOX(ライズボックス)
〒448-0843
愛知県刈谷市新栄町2-17
今すぐお電話を!
⬇️⬇️⬇️
0566-23-1033
治療受付時間  月~金 12:30~20:30
                          土    8:30~12:30
        定休日 : 日・祝
・ランナー・ウォーキング愛好家・登山家へのバランス調整整体
・魚の目・巻き爪・たこ・外反母趾などのフットケア
・靴の提案・改造・販売、インソール(機能的中敷)作成
は刈谷市(名古屋市・大府市・東海市・豊明市・知多市・東浦町・豊田市・みよし市近郊)の当院へ。



このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ほまれ接骨院(RISEBOX)

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31