上がる!RISEBOXスタッフブログ

2015年1月24日 土曜日

走ると痛い土踏まずの横の骨の痛みのタイプ。刈谷市ライズボックス

トムさま~~。

ホマレです。

本日も有痛性外脛骨シリーズです。

まだまだ続きますよー。

第3弾です。

本日は外脛骨のタイプについて紹介。

タイプ?

前回のブログでもお話しましたが、軟骨が成長するにしたがって、退化して消失するはずのものが、骨として残ってしまった骨を過剰骨といいます。

そして外脛骨もこの過剰骨の一種です。

とお伝えしました。

で、軟骨が骨として残ってしまう時に、いろんなタイプに別れます。

考えてみれば、全て人間が隅から隅までまったく同じ人間はいません。

一卵性双生児であっても、少なからず違いはあります。

で、「破格」という言葉があります。

簡単に言えば、人間の構造上で珍しいものです。

この外脛骨も一応「破格」に含まれます。

この「破格」けっこうあるんです。

前回お話した「三角骨」も「ファベラ」もそうです。

膝のお皿の骨が元々分離してる人もいます。

筋肉の延長であるが骨に付くときに何パターンにも別れて付く筋肉は多数存在します。

ここまでくると、「破格」というよりは「個性」ですね。

で、外脛骨には、おおまかに分けて3つのタイプが存在します。

タイプ① 



外脛骨自体が小さく、舟状骨から完全に離れている

外脛骨は後脛骨筋腱に含まれる

タイプ②



外脛骨自体が大きく、舟状骨と軟骨でくっついている状態。

後脛骨筋腱の付着部の一部分となる。

タイプ③



外脛骨と舟状骨が完全にくっついている状態。
レントゲン上は舟状骨が大きく出っ張っているように見える。

一応、この3つのタイプのうち、痛みが出やすいのは、「タイプ②」

ということです。

わたくしレントゲン撮れませんので、そこまでは分かりません。

まぁ、外脛骨自体は明らかに出っ張ってるので、見ればだいたいは分かります。

とまぁ、今日はこんな感じーー。

以前も言いましたが、わたくし、去年の年末からぼちぼち走ってます。

走り始めたのは、10月ですが、この時はしんどすぎたのと、走るのが久しぶりすぎて、あっちが痛い痛い、こっちが痛いたいで正直萎えてました。

今は走れます。

タイムもぼちぼち上がってきました。

現在やっとこキロ5分代です。

あ、通勤なんで、片道5キロです。

昨日の帰りは50才代のおじ様に余裕で抜かれました。

めっちゃ「悔しいですっ!」

でもでも、焦らない焦らない。

ケガが一番怖いの。

わたくしよ~~~く知ってますから。

なんせ骨折8回ですから!!

あれ、わたくし、ただ弱いだけか?

参考動画 ➡️ (外脛骨の3つの分類。痛みが出やすいのは?)



RISE BOX(ライズボックス)
〒448-0843
愛知県刈谷市新栄町2-17
今すぐお電話を!
⬇️⬇️⬇️
0566-23-1033
治療受付時間  月~金 12:30~20:30
                          土    8:30~12:30
        定休日 : 日・祝
・ランナー・ウォーキング愛好家・登山家へのバランス調整整体
・魚の目・巻き爪・たこ・外反母趾などのフットケア
・靴の提案・改造・販売、インソール(機能的中敷)作成
は刈谷市(名古屋市・大府市・東海市・豊明市・知多市・東浦町・豊田市・みよし市近郊)の当院へ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ほまれ接骨院(RISEBOX)

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31