野村誉スタッフブログ

2015年2月 6日 金曜日

ランニング障害の有痛性外脛骨を治す為に!刈谷市ライズボックス

パックマンが好きでした。

ホマレです。

今日もいきます。

有痛性外脛骨。

今回は原因です。

しかし、原因と言っても数多く存在します。

なーのーで。

今回は有痛性外脛骨になりうる原因でも、重要な2つを紹介します。

今回はその第1弾!!

「骨の位置異常」

です。

以前も何かでお話しましたが、足部(足首から指まで)には片足で26個の骨があります。

両足合わせると、52個

全身の骨は206個。

ざっと計算しても、全身の約1/4もの骨が足部にあるんです。

それだけ、足が重要だということがわかります。

ちなみ両手で54個

つまり、両方の手部と足部を合わせれば、106個の骨。

なんと身体の半分以上もの数の骨が両手足にあるんです!!

もともと、人間も4つ足歩行でした。

進化の過程を考えれば、移動という手段は人間にとって、いや全ての動物に最も重要な機能なんです。

その方法はさまざまです。

飛ぶ。

跳ねる。

歩く。

走る。


それぞれの動物は、その特性によって移動手段となる構造体の部分(鳥でいえば羽周囲の部分)は非常に複雑に、かつ効率的に出来ています。

さらに、人間は手の自由度を拡げるために、2本足歩行になりました。

その結果、人間は体重のかかる関節(足・膝・股関節・背骨)は老化により必ず変形します。

そして、変形した関節は痛みしびれの原因になることもあります。

その中でも、足は体重分散の役割が非常に大きくなり、偏平足や外反母趾などの見てすぐわかる変形、ぱっと見はわからない変形が起こりやすくなりました。

今回はこのぱっと見分からない変形が外脛骨に痛みを出すかも。

という話です。

んー。

変形というとちょっと語弊があるので、骨の位置異常と表現します。

で、先程も言いましたが人間の片足の骨は26個。

これら26個全ての骨が効率よく「連動」して動くことで、足への負担を最小限にしてくれます。

効率よく骨が連動するには、全ての骨(26個)の関節がしっかり噛み合っていることが重要です。

仮に、小指を机の角でぶつけたとします。

「痛っーーーーい!!!」

ですな。

皆さんも1回は経験済みでしょう。

この時、最悪小指の先端にある爪の下の骨が骨折します。

まぁ。

折れてなくとも、涙がちょちょきれる程に痛いですわな。

で、そんときに折れてもないのに、歩くのがメチャクチャ大変じゃないですか?

そーです。

普段はあまり気にせず小指を使ってますが、こんなちっちゃい骨ですら超重要なんです。

こんな先っちょにあるのに。

なんせ、歩く時の1番最後に使うトコですからねー。

逆にいえば、ほとんどの方が当てはまるであろう、歩行の際に1番最初に地面に接地するカカト。

このカカトの骨の位置異常が起こってしまえば、その前の骨上に載っている骨に影響を与えます。

基本、位置異常があれば、その前後上下の骨には良い影響を与えません。

それが、この舟状骨の部分で言えば、舟状骨自体の骨の位置が悪くても、舟状骨以外の骨の位置が悪くても、舟状骨でのプーリー(滑車)としての役割の効率が悪くなるんですねーー。

以外と多いんです。

ホントに。

代表的なのは、やはりカカトの位置異常ですねー。

カカトの骨が内側外側に倒れすぎているひと。



体重載せてないと許容範囲なのに、体重載せた瞬間に潰れてしまう人。

もー、様々です。

カカトの他には・・・

カカトの上に載っている距骨の前方移動。



舟状骨の前にある楔状骨という骨の下方移動。



カカトの骨の前にある立方骨の上方や下方移動。



などが有名です。

これらは全て、舟状骨のプーリーとしての働きを低下させ筋肉の発揮効率を下げます。

そして、そこに外脛骨があれば、その外脛骨に負荷がかかり痛みが発生します。

てな感じー。

今日はここまでー。

はいー。

参考動画!

☟☟☟☟☟

有痛性外脛骨の原因を解説!l




このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ほまれ接骨院

カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31