上がる!RISEBOXスタッフブログ

2015年2月24日 火曜日

痛い外反母趾は、どこの変形が問題?豊明市・刈谷市ライズボックス

子供の頃、よく友達の家でファミコンの「一揆」やってました。

多分、10分くらいで全クリしてた気がします。

ホマレです。

今日も外反母趾です。

本日は、そもそも外反母趾って、どういうこと?

です。

つまり、外反母趾の定義も一定のものがありません。

よく用いられる評価法は下記の3つですかねー。

①親指とその根元の骨(第1中足骨)との角度
⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️



②親指の根元の骨(第1中足骨)と、人差し指の根元の骨(第2中足骨)との角度
⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️



③親指の根元の骨(第1中足骨)と、小指の根元の骨(第5中足骨)との角度
⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️


この中で最も有名で使われるのが、です。

が、角度自体の一定の見解もありません。

正常が5~8度とか、8~12度とか、5~15度とか。

ですが、角度だけで言えば、15度以上もしくは、20度以上が外反母趾とされることが多いようです。

一応、おおまかな分類を書いておきます。

軽度 : 20~30度

中度 : 30~40度

重度 : 40度~


だそうです。

ただ、ここで重要なのは、なぜ痛いのか?

人間そこそこ変形があっても痛みさえ無ければ、そんなに気にはなりません。

で、変形が強いから痛みが強いわけではないですし、変形が弱いから痛みが弱いわけでもありません。

つまり、前から言ってるように、「変形 = 痛み」ではありません。

まあ、痛みが出る出ないに関しては、また後日にお話します。

では、一番皆さんが気になること。

どんな治療法を選択するか?

です。

一般的に多いのは、親指を内側へ開く為のサポーターかテーピングですかね。

未だに結構あります。

じゃあ、仮にさっきの画像で親指だけ拡げてみましょう。



こんな感じ。

まあ、明らかにおかしいですわな。

ここで、もう一度最初の評価法の3枚の画像をよーーく見てください。



ある共通点があります。

気付きました?

そーです。

3つとも共通で評価に用いられる基準線があります。

それは、親指の付け根の骨(第1中足骨)の線です。

つまり、外反母趾になるためには、この第1中側骨が内側に開く事が必要なんです。



逆に言えば、この第1中足骨が開かなければ、外反母趾にはなりません。

で、外反母趾の治療をするためには、なぜ第1中足骨が内側に開いてしまうのかを理解しなければなりません。

で、それは次回からのお楽しみですわなー。

あい。

参考動画

☟☟☟☟☟

外反母趾とは?よくある治療法は本当に有効?



外反母趾治療の詳細ページはこちらから




RISE BOX(ライズボックス)

〒448-0843
愛知県刈谷市新栄町2-17
今すぐお電話を!
⬇️⬇️⬇️
0566-23-1033
治療受付時間  月~金 12:30~20:30
                          土    8:30~12:30
        定休日 : 日・祝
・ランナー・ウォーキング愛好家・登山家へのバランス調整整体
・魚の目・巻き爪・たこ・外反母趾などのフットケア
・靴の提案・改造・販売、インソール(機能的中敷)作成
は刈谷市(名古屋市・大府市・東海市・豊明市・知多市・東浦町・豊田市・みよし市近郊)の当院へ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ほまれ接骨院(RISEBOX)

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31