上がる!RISEBOXスタッフブログ

2015年4月26日 日曜日

ランナーが困っている足根管症候群とは?安城市・刈谷ライズボックス

おとといの夜、とんねるずの貴さんと宮沢りえがテレビで共演してました。

「みなさんのおかげです」への出演を貴さんが番組スタッフに宮沢りえをオファーした話など、懐かしい話で盛り上がってました。

宮沢りえの「ざけんなよっ!」は衝撃でした。

これも貴さんのアイデアみたいです。

しかも即興で言えを指示したそうです。

僕の中では、「みなさんの〜」は深い思い入れがある番組です。

仮面ノリダーに大ハマりでした。

さらに、ノリさんと安田成美は僕の理想のカップルです。

ゆえにとんねるずは大好きです。

ホマレです。

今日から新シリーズです。

「足根管症候群」

です。

まずは、いろんな病名についてくる「症候群」という言葉。

原因がわかっているものもあれば、不明瞭なものあります。

一つ言えることは、内科系疾患ではない整形外科系疾患の場合は、捻挫や打撲・肉離れなど、突発的に起こる怪我ではないということ。

ケガの後遺症で起こることはありますが。

つまり、徐々に身体に負担が加わることによって、症状が少しずつゆっくりと出てくるということ。

今回の足根管症候群の主な症状は、痛みや痺れです。

では、どこにその症状が現れるのか?

これも人によってさまざまですが、だいたいの方は内くるぶしの下あたり〜足の裏〜指にかけて痛みや痺れがでます。

しかも、最初はあれ?って感じのちょっとした痛みや痺れから始まり、ホントに少しずつ症状が悪化していく方が多いんです。

例えば、走った後だけ足裏のカカトだけほんのすこーーーし痺れるだけ。

そこから、走っている時の20キロ以降になると、内くるぶしの下がほんのり痛いなど。

そして、先ほども言いましたが、コレっていう明らかな原因が分からない方がほとんどです。

しかし、この足根管症候群のやっかいなところは、まれに捻挫などの後遺症として発生することもあります。

とにかーーく、この足根管症候群というからには、「足根管」と呼ばれる場所が症状を引き起こしているということ。

じゃあこの「足根管」ってどこ?

ここです。



ペンが刺さっている所が足根管。

わかりやすく言えば、内くるぶしの後ろの部分です。

この内くるぶしと屈筋支帯といういわゆるゴムバンドみたいなものでできたスペースがストローのような管状になっています。

そーです。

ここの管をまさに足根管と言います。

この管には、神経血管などが通っています。

そして、いろんな原因によって、その管が狭くなります。

狭くなることによって、その中を通っている神経・血管・腱が圧迫されます。

それで、痛みや痺れなどが発生します。

とまあ、今日はここまで。

次回は、この痺れをもう少し掘り下げます。

はい、参考動画。
⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️
足の裏のシビレや痛み!?足根管症候群の症状!
ランニングで足裏がシビれる?足根管の場所は?





RISE BOX(ライズボックス)
〒448-0843
愛知県刈谷市新栄町2-17
今すぐお電話を!
⬇️⬇️⬇️
0566-23-1033
治療受付時間  月~金 12:30~20:30
                          土    8:30~12:30
        定休日 : 日・祝
・ランナー・ウォーキング愛好家・登山家へのバランス調整整体
・魚の目・巻き爪・たこ・外反母趾などのフットケア
・靴の提案・改造・販売、インソール(機能的中敷)作成
は刈谷市(名古屋市・大府市・東海市・豊明市・知多市・東浦町・豊田市・みよし市近郊)の当院へ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ほまれ接骨院(RISEBOX)

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31