上がる!RISEBOXスタッフブログ

2015年9月 3日 木曜日

走って痛い外反母趾に靴と中敷の提案!安城市・刈谷市ライズボックス

ちょっくら涼しくなってきましたかね?

最近、靴の改造やインソールが相次ぎ、なかなか久しぶりのブログです。

ひたすら、横幅の狭い方への靴の改造とインソールを作ってました。

ホマレです。

今日は外反母趾の方に左右異なるインソールを作ったお話し〜。

この方は右がなかなかの外反母趾。

左は外反母趾もなく、普通の足の形。



で、右だけ走ると痛い。

右のウィズ(足指の付け根部分の周計)は4E+。

左のウィズは2E −。

今回この方に選んだ靴は「ウェーブライダー18 ワイド



で、この方は右と左の横幅が2ランク以上違います。

サイズに直すと15ミリ。

純粋な横幅は7ミリもの左右さがあるわけです。

は?

たった7ミリ?

いえいえ7ミリもです。

つまり、右に靴を合わせると、左は靴の中で7ミリも横に動いてしまうんです。

これって、人間の足にとっては本当に大きなストレスなんです。

もちろん縦方向に動いても同じように大きなストレスです。

で、この時の人間の反応としては、指はこうなります。

そうです。

指で踏ん張って靴の中で足は動かないように頑張ってるんです。



この方は違う人ですが、日常の悪いくせが何も邪魔しないはずの裸足でも、歩行時にこのように指が曲がってしまいます。

こうなると、指と指との摩擦の圧力も強くなりますし、指先や母指球・小指球と呼ばれる指の付け根部分にも圧力が集中し、タコや魚の目の原因となります。

さらに、この状態で片足立ちをすると、もーフラフラで立てません。

歩く時にも、走る時にも片足立ちの瞬間は必ずありますから、その時にフラフラだといけませんよね。

つまりフラフラしないように余分に筋肉が使われます。

主に、足の裏やふくらはぎの筋肉です。

さらに、単に立っている時も指が曲がっているので、自然と前方荷重になりやすく、腰や背中の筋肉が緊張しやすくなり痛める原因ともなります。

なので、以前も紹介しましたが、足の横幅が足りない方にはこんなものを作ります。



以前、紹介した時よりも、何度もマイナーチェンジを繰り返しました。

え?

どこが?

残念ながら、画像では伝わりません。

この先もマイナーチェンジは続くでしょう。

そして、もちろん肝心な外反母趾のある右足。

これも、以前紹介しました。

外反母趾の方は親指が内側に入ってしまってますが、これは結果です。

内側にとび出てる骨はさらに根元の骨です。

これも外反母趾の時に説明しましたね。

つまり、この開いてしまった親指の根元の骨(中足骨)を内側に閉じることが大事なんですね。

といことでこんなインソールの形になります。



もちろん、この内側に開いた中足骨を締めるだけではダメなので、しっかり荷重誘導するためにインソールパーツも作ります。

しかーーーしっ!

ここで重要なことは!

外反母趾で指の付け根周りの周計は左よりも大きいですが、踵や足の中央部周りは左とそんなに変わらない。

ということ。

靴を合わせる時は縦幅と指の付け根部分の周計(ウィズ)で合わせます。

この外反母趾の方はウィズは4E+ですが、踵部や足の中央部分はせいぜい2Eです。

つまり、踵部や足の中央部分は左と同じように2Eなんですよね。

でも、靴は4E相当

なので、踵と足の中央部分は靴の中で足が動き易い環境にあるということ。

なので、ここでも、中敷の改造。

単純に踵と足の中央部分の中敷の横幅を拡く作ることによって、靴と足の間を埋めようということ。

もう、ここまでくると、どれくらい中敷の幅を大きくするかは感覚の問題になってきます。

ということで、右足と左足の中敷の形が違います。

形だけ見れば、なんじゃこりゃ!

ですね。

まあ、いいです。

とにかく、クライアントの痛みが解放されて、満足していただければ。

この前、違うクライアントさんからこんな報告をいただきました。

ゆっくり走ってるつもりなのに、体がドンドン前に進んで行く。

さらに内ももが疲れる。

今まで、こんなことなかった!

と。

足が運びやすくなったのは、その方の荷重誘導がしっかりできたということ。

内ももが疲れるのは軸が取れた走りで立派なテレーニング効果ですね。

こういう反応は嬉しいですね。

この方も内モモの筋肉痛を嬉しそうに話してくれました。

あ。

それてますね。

けっこう。

もーいいです。

戻しません。

ついでにー。

先週末に、自分たちが主催するセミナーに関東から理学療法士の先生をお呼びして丸1日セミナーをしていただきました。

しかも、首だけにフォーカスを当てて。

非常に面白かったです。

あのマニアック感もたまりません。

そして、今回の先生はわたくしと同じ年。

これまで知り合った全国のセラピストで意外と53年生まれの方が多いんです。

勝手に53(ゴミ)会と名付けてます。

なんだか、自分と同じ年の方がいると、勝手に嬉しくなっちゃいます。

今回来ていただいた先生は本当にすごい方なのに、とっても気さくで、いろんな質問にすっごい丁寧に答えてくれました。

そして、勝手仲良くなった気分でいます。



また、来年来ていただけたらなー。

と思います。

で、明日はわたくしが講師をすることになってます。

お題は「靴の改造」

です。

今日、お話したようなことも含め、オール実技です。

何より、自分自身が一番楽しみです。

全国の仲良しセラピストにも会えますからねー。

大阪、兵庫、富山、神奈川からも来てくれます。

本当にありがたいかぎりです。

こりゃ、きばらにゃあかんですな!


外反母趾詳細ページがココから。


RISE BOX(ライズボックス)
〒448-0843
愛知県刈谷市新栄町2-17
今すぐお電話を!
⬇️⬇️⬇️
0566-23-1033

治療受付時間  月~金 12:30~20:30
                          土    8:30~12:30
        定休日 : 日・祝
・ランナー・ウォーキング愛好家・登山家へのバランス調整整体
・魚の目・巻き爪・たこ・外反母趾などのフットケア
・靴の提案・改造・販売、インソール(機能的中敷)作成
は刈谷市(名古屋市・大府市・東海市・豊明市・安城市・西尾市・岡崎市・知立市・半田市・阿久比町・碧南市・知多市・東浦町・豊田市・みよし市近郊)の当院へ。






このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ほまれ接骨院(RISEBOX)

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31