上がる!RISEBOXスタッフブログ

2015年9月 9日 水曜日

歩くと痛い巻き爪の原因!フットケア⭐岡崎市・刈谷市ライズボックス

いや〜。

やっっとスカッと勝ちましたねー。

サッカー日本代表。

ロシアW杯アジア2次予選。

対アフガニスタンに6−0。

しかも、香川と岡崎のダブルシンジが2点づつ決めて。

これも相手が守りも固め過ぎず、ある程度、攻めに来てくれたからですかね。

その分、相手のゴール前でスペースはできやすいし、ショートカウンター効果を発揮しやすいですからね。

個々の実力では日本のほうが上ですから。

もしかしたらアウェイのほうが日本には合ってるかもしれません。

ホームだと、対戦相手がガチガチに守ってしまうので、なかなかそこを崩しきれませんからね〜。

ホマレです。

今日は巻き爪の原因です。

糖尿病や甲状腺障害などの病的因子が無い限り、巻き爪には外的因子があります。

ここで言う外的因子とは、外から刺激を受けて爪が巻いていくこと。

つまり巻き爪の原因で内科疾患以外のものを指します。

巻き爪になる大きな原因としては、大きく分けて⑨つあります。

①縦・横共に大きい靴を履く事

一般的に多いのは、自分の足の横幅が大きいと勘違いしていて、横幅にを合わせると結果、靴の縦幅の大きいものを買ってしまうパターン。

実際こういう方の横幅を計ってみると、たいして横幅が大きい方は非常に少ないです。

そうです。

ただの勘違いです。

わたくしもこの一人でした。

高校の時、横幅拡い足だなぁと思っていて、実寸は255ミリの足なのに、26・5サイズの靴を履いていました。

資格を取って、靴の興味が湧き、靴の勉強をしてから、この事実に気がつきました。

横幅の男性標準は「2E」です。

わたくしの横幅は「C」です。

これでも、横幅が大きいと思ってました。

実際にこんな方は本当にたくさんいます。

もちろん、本当に横幅が大きい方はそれに合わせて靴を選びます。

で、足が靴よりも小さくて、靴の中で足が動こうとすると、足は動きたく無いので指が頑張ります。

こんな感じ。



でも、結局、靴のなかで足は動いてしまいます。

つまり、指が踏ん張って曲がった状態で、靴のなかで足が動いているんです。

そうすると、指先に圧力がかかった状態で動いてしまうので、靴と指は擦れてしまい、爪にストレスがかかります。

②靴の履き方が良くない

縦も横幅も、実際の足の大きさと靴が合っていたとしても、靴の履き方が合っていなくても爪に負荷はかかります。

多く見かけるのは、この履き方です。



単純に脱ぎ履きがしやすいんですね。

しかし、こうやって履いていると、靴の中で足は動こうします。

この時、サイズはジャストで合っているので、結果靴の中で足の指が靴のつま先部分に常に当たり、爪へのストレスとなります。

③機能的に弱い靴を多用する事

これも以前から言ってますが、土踏まずの補強がしっかり入った靴を選びましょう。

です。

歩く時には、まず踵が地面につき、その後は土踏まずの部分に体重が載ってきます。

この時、人間の足は必ずぐらつきます。

このグラつきを抑えてくれるのが、靴の踵と土踏まず部分の補強です。

もし、この2つの補強のどちらか、もしくは両方弱かったりすると、ぐらつかないように、自分の筋肉が頑張ります。

自分の筋肉が頑張った時の人間の足はこうなります。



そうです。

大きいサイズの靴を履いた時と同じ反応です。

この後の爪にかかるストレスも同じです。

④靴の形が合ってない

ハイヒールやビジネスシューなどで靴のつま先部分の形状が尖っているものは、もちろん爪にストレスがかかります。

あとは、下のような足の形の方がランニングシューズを履くとつま先にストレスがかかります。



指が扇状に拡がってますね。

ランニングシューズなどの多くの靴はつま先部分の形状は、人差し指部分を中心に丸くできています。



ということは、上記画像のような方が履けば、それはヒールを履いているのと同じ状態になり、爪が圧迫を受けます。

ということで、ここまで4つをお送りしました。

ちょっと長くなるので、続きは次回に!

あっ!

そうそう。

先週末は自分が所属するグループのセミナーで、講師を務めてまいりました〜。

内容は・・・

「靴の改造!」

靴が大きいけど、新しいから変えたくない!

靴が脱げやすい!

踵や足裏(足底筋膜)・アキレス健が痛い!

靴擦れにすぐなる!

走ると足がぐらつく!

黒爪や種子骨炎が痛い!

などの方に対して、靴に改造だけでも、だいぶ変わりますよ!

じゃあ、改造しちゃいましょ!

ていうセミナーです。

荷重方向を良い方向に誘導するインソールを入れようにも、まずは靴が合ってないとねー。

ということです。

受講者の先生方は理学療法士や柔道整復師・鍼灸師の資格を持って、愛知をはじめ、神奈川・富山・兵庫・大阪など全国から15名も集まってくれました!



本当にありがたい限りです!

みなさんの熱意に押され、あいかわず時間が足りません。

いいんです!

また、やりますから!

で、もちろん懇親会も!

他県の先生方もみ〜んな残ってくれて、めっちゃ楽しかったっす!



やっぱり懇親会って。

う〜ん。

マンダム。

あ、⚪️藤が帰った後に・・・

この写真・・

撮っちゃいました・・・

すいません・・・



巻き爪詳細ページはココ!


RISE BOX(ライズボックス)
〒448-0843
愛知県刈谷市新栄町2-17
今すぐお電話を!
⬇️⬇️⬇️
0566-23-1033

治療受付時間  月~金 12:30~20:30
                          土    8:30~12:30
        定休日 : 日・祝
・ランナー・ウォーキング愛好家・登山家へのバランス調整整体
・魚の目・巻き爪・たこ・外反母趾などのフットケア
・靴の提案・改造・販売、インソール(機能的中敷)作成
は刈谷市(名古屋市・大府市・東海市・豊明市・安城市・西尾市・岡崎市・知立市・半田市・阿久比町・碧南市・知多市・東浦町・豊田市・みよし市近郊)の当院へ。




このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ほまれ接骨院(RISEBOX)

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31