上がる!RISEBOXスタッフブログ

2017年12月17日 日曜日

外反母趾や魚の目・タコの痛みにインソール!刈谷市ライズボックス

そろそろ年の瀬。

今年もいろんなことがありました。

個人的にも多くの出来事がありましたが、中でも一番嬉しかったのが、この2人の結婚。



サッカーW杯最終予選でオーストラリア相手に井手口がゴールを決めたことよりも嬉しかったです。

一緒にインソール(入谷式足底板)を勉強している友人です。

出会った約3年前はまだこの2人は付き合ってませんでした。

今年に入って私の知らないところで急に付き合い始め、とうとう結婚。

この2人の結婚式に行かないわけには行きません。

式だけ勝手に行ってきました。

で、式が始まって大事なところで、隣から「もーいっかい!」

そうそうあれです。

そう。

隣でガヤを行っているのも、同じくインソールの勉強をしている友人。

とにかく、新郎新婦の2人とも仲良しなので、楽しい式になりました。

式は進んで、クライマックスのこの地方ではお馴染みの「菓子まき」

彼らとのインソール勉強会で非常に多くの「気付き」があります。

このメンバーの中では一応わたくしが一番年上で、このインソールをやっている年数も一番長い。

でもこのインソールのやり方は本当に奥が深く、いわば無限にアプローチ方法があります。

わたくし日本に存在するインソールの5種類に携わってきました。

その多くは足の土踏まずの型をとるもの。

もちろん、このやり方が全く意味がないとは思わないし、今のインソールにもこれまでのインソールのエッセンスを自分なりに解釈して生かしています。

今のインソールの作り方は、クライアントの歩き方の評価を大元にして、前屈や立ち上がりの評価をしたり、実際に歩行時痛やジャンプ・ケンケンなどの動作で痛みが出る場合は、その痛みを判断材料にして痛みが少ない方向や傾き、または高さを評価していき、その評価を元にインソールを一から削り出し削っていく。

いろんな痛みに対応することができますが、最近で多いのは、、、

有痛性外脛骨

種子骨炎

外反母趾

タコ

魚の目

あたりが多いですね。

とにかくこのインソールの良さは人の動きを見て、それに対していろんなアプローチをすることができる。

他のインソールではなかなかここまで出来ないし、最終的には0、2ミリの厚みで動きをコントールしていきます。

まだまだ自分自信の伸びしろも感じるし、ココ数年は自分が成長しているのを実感できるし、知れば知るほどその深さが深すぎて。。。

とにかく、来年も自分の伸びしろに期待します!

もちろん、それはクライアントの目標達成のため!

その笑顔のため!

インソール詳細ページがココ!!

RISE BOX(ライズボックス)
〒448-0843
愛知県刈谷市新栄町2-17
今すぐお電話を!
⬇️⬇️⬇️
0566-23-1033

治療受付時間  月~金 12:30~20:30
                          土    8:30~12:30
        定休日 : 日・祝



このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ほまれ接骨院(RISEBOX)

カレンダー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31