上がる!RISEBOXスタッフブログ

2017年12月22日 金曜日

私そんな靴は履けないと思ってました。刈谷市・豊明市ライズボックス

ホマレです。

当院に来られるクライアントさんには、ほとんどの場合、靴の試し履きをしてもらいます。

どんな靴がその方に合っているかを体感してもらうためです。

さらに試し履きをした靴と、その方が持ってきた靴とどれくらい違うかも体感してもらいます。

その方が持ってきた靴と、試し履きをした靴と何がどれだけ違うのかも説明して納得してもらいます。

そうすると、その方がこれまで思っていた靴に対する概念が覆されることが多々あります。

多くの方はこんな靴が良い靴と思っています。

・軽い靴

・柔らかい靴

・脱ぎ履きがしやすい靴

などなど。

残念ながら、これらの概念はまちがっていることがほとんどです。

靴にとって必要なパーツが備わっている靴はある程度重たいです。

逆に言えば軽い靴は、人間に必要なパーツが備わっていないということになります。

靴自体が軽くなくても、必要なパーツが備わっていて、しっかり履くことができれば軽く感じます。

柔らかい靴も同様です。

靴の全ての部分が柔らかいのは問題ありです。

靴は硬いところと、柔らかいところのメリハリが必要です。

考えてみれば分かるとおもいますが、足の全ての場所が曲がるわけではありません。

足首から下で大きく曲がる場所は指くらいなもんですね。

そこ以外のところ、特に土踏まずの部分が柔らかく曲がってしまうと、足がグラグラしてしまい足腰に負担がかかります。

さらに脱ぎ履きはしやすい。

ということは、簡単に靴から足が離れるということ。

つまり、普段は靴と足があまり密着していないということになります。

靴の大前提として、足と靴の間に隙間がないことが重要です。

簡単に脱ぎ履きができるということは、靴内で足が動いているということになります。

とにかく、こんな勘違いを考え直すために、試し履きをします。

で、試し履きをして、これがあなたにとって良い靴なんだよとお伝えします。

ここで最後の種明かし。

サイズを伝えます。

ほとんどの方のリアクションは。。。

「えーーー!」

「こんなちっさいサイズを履いてたんだー」

そうです。

その方が大人になってから履いたことのないサイズの靴を、ほとんどの方に試し履きをしてもらいます。

でも、こー言います。

「以外と履けたでしょ?」

「そこまでキツく感じないでしょ!」

そうです。

これらの勘違いを繰り返したからこそ、今の痛みに繋がっているかもしれないんです。

まあ、まずはどんなサイズが合っているのかは、実際にフィッティングみないと。。。

ですね。



カウンセリングであなたの痛みの原因を発見ページ




RISE BOX(ライズボックス)
〒448-0843
愛知県刈谷市新栄町2-17
今すぐお電話を!
⬇️⬇️⬇️
0566-23-1033

治療受付時間  月~金 12:30~20:30
                          土    8:30~12:30
        定休日 : 日・祝



このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ほまれ接骨院(RISEBOX)

カレンダー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31