上がる!RISEBOXスタッフブログ

2018年2月14日 水曜日

バレーボールで足首捻挫。すぐに試合に戻れる?刈谷市ライズボックス

先週末はママさんバレー大会の大会トレーナーでした。



ママさんバレーの大会トレーナーはだいたい年間で5回くらいですかね。

今回もその1つで、大府市内のチームのみでの大会でした。

だいたいいつも試合が始まる前に6〜7人のテーピングを巻いて、試合中に腰や肩が痛い方の治療。

試合後は試合中に怪我をしてしまった方の処置。

という流れ。

理想は全てにおいて私が必要ないことですが、そんなわけにはいきません。

まあ、ほとんどの場合は試合中に新たに怪我をするのは毎回0〜2人くらいで、そこまで大きな怪我もないですが。。。

で、今回も試合中に怪我をした人が一人。

まだ試合が始まって間もないのに。。。

足首を捻挫したそうで、足を引きずって私のところにきました。

とにかく、まずはシューズを脱いで、もらうと。。。

シューズのサイズ感からは信じられないほどの小さい足が出てきました。

まあ、まずは足首の捻挫の状態を確認しましょう。

ということで、足首の痛いところを確認して、どの靭帯を痛めているのか。

骨折は無いのか。

筋肉や腱は大丈夫か。

まあ、正直そこまで大きな損傷をしていなさそう。

で、評価をしていて気になるのは、とにかく足首の関節がまあ柔らかいこと。

聞けば、これまでこの方は過去に何回も足首の捻挫をしているとのこと。

ギプスを巻くほどのひどい捻挫をしたことは無いけど、もう両足を合わせれば10回以上捻挫をしているとのこと。

そんなに捻挫を繰り返していれば、そりゃ靭帯もゆるゆるで関節が柔らかすぎてしまうわけですわね。

とにかく、試合はまだ始まって1試合目。

あと、3試合あるとのこと。

人数も7人しかいなくて、どうしても試合に出ないといけないという状況。

まあ、次の1試合は休んで、昼からの2試合になんとか出ましょうということに。

もちろん、怪我が悪化する可能性が高いということは、しっかりお伝えして。

とりあえずアイシングをしっかりしてから、テーピング。

じゃあ、シューズを履いて少し動いてみましょうか。

ということになり、シューズを履いてもうと。

紐をほどかずに蝶々結びのままいきなり履き出す。

最初に靴を脱いでもらう時にも気になったんですが、蝶々結びをほどかずに脱いでいたんですよねー。

で、そのまま、靴を履いている。。。

つまり、サイズもでかいは、蝶々結びを全く触らずそのまま靴に足を入れている。。。。

そりゃ、靴の中で足が動きまくって、捻挫もしやすくなりますわね。

しかも、このシューズ。

もう4年も履いているとのこと。

触ると、カウンター(踵の補強材)もシャンク(土踏まずの補強材)もクッタクタ。

まずは、紐の締め方を指導して、今日の試合が終わったら、しっかりサイズを合わせて買って下さい。

とお伝えしました。

なんとか、そのまま2試合をこなし、痛みもほとんど無かったとのこと。

幸い、怪我の状態も軽かったんでしょうね。

とはいえ、まずはしっかり治療に専念してくだい!!



当院の治療内容は?





RISE BOX(ライズボックス)
〒448-0843
愛知県刈谷市新栄町2-17
今すぐお電話を!
⬇️⬇️⬇️
0566-23-1033

治療受付時間  火・水・金 12:30~20:30
                          土    8:30~12:30
        定休日 : 日・祝



このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ほまれ接骨院(RISEBOX)

カレンダー

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31