上がる!RISEBOXスタッフブログ

2018年3月18日 日曜日

ママさんバレーで肘の痛みは足首?アスリート専門刈谷ライズボックス

今日はママさんバレーのトレーナーでした。



今回は大府市と東海市の2つの市内チームの大会で、1年に1回の大きな大会です。

昔はここに知多市も入ってたんですが。。。

いつもは試合前の5〜6人にテープを巻いて、試合中に肩や腰の痛みなどの治療を2〜3人するというのがほとんどのパターン。

しかし今日はいつもより試合前のテープを巻くのが10人と、試合中に治療やテーピングを行ったのが7人といつもより多く、忙しい1日でした。

そんな中で、今日は肘の痛みの肩をクローズアップ。

この方の肘の痛みは一般的にはテニス肘と呼ばれているもので、右肘の外側周辺が痛くなるもの。

手を開いたり閉じたりするのも痛いし、物を握るのも痛い。

バレー中はレシーブとサーブが痛いそうです。

痛いのは約2週間前から。

よくよく話を聞いていくとさらにその1ヶ月前に左の足首を捻挫したそうです。

これもバレー中にジャンプ着地した際に味方の足を踏んだ時に捻ったとのこと。

その後は病院でリハビリを受けながら、約2週間安静にして少しずつ復帰していったと。

今は、サーブやレシーブの時に左足を踏み込むと足首が少し痛いかな。

くらい。

で、肘が痛いのもまさにこの時。。。

もしかしたら、サーブやレシーブの時に左足が痛いがためにしっかり踏み込むことができず、手だけが頑張って肘に負担がかかったかも。。。

ということで、試しに足首にテーピングを。

足首の捻挫をすると、足首の付け根にある「距骨」という骨の位置が微妙にずれて、それが原因でなかなか痛みが引き切らなくなってしまうことがあります。

この距骨の位置の正しい場所を探して、その方向にテーピングを1本だけすることで踏み込んだ時の痛みが無くなりました。

で、この状態で右手を開いたり握ったりすると痛みが無くなった。

でも、強く物を握って持ち上げると、まだ少し痛みが残る。

ということで、右の手首・肘・肩にアプローチをすると痛みがほぼ消失。

さらにこの状態のをキープするためのテーピングをして競技してもらいました。

試合後に聞いたら、プレー中は痛みが無く、終わってからが少し痛いくらいとのことでした。

つまり、右肘の痛みの原因の全てが左足首にあったわけではなく、右の手首・肘・肩にも多少なりとも問題があったということ。

最後にうちでこれやるといいよっ!

という体操を2種類だけ指導しました。

本当に人間の身体って、不思議なもんで、いろんなところが機能を補いながら身体を動かしているんだなあ。

と、改めて実感しました。





RISE BOX(ライズボックス)
〒448-0843
愛知県刈谷市新栄町2-17
今すぐお電話を!
⬇️⬇️⬇️
0566-23-1033
治療受付時間  火・水・金 12:30~20:30
                          土    8:30~12:30
        定休日 : 日・祝




このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ほまれ接骨院(RISEBOX)

カレンダー

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31