上がる!RISEBOXスタッフブログ

2019年6月29日 土曜日

巻き爪だからサンダルが履けない!大府市・東浦町ライズボックス

今日は巻き爪の話です。

この時期になると、巻き爪で痛いという若めの女性のお客さんが増えます。

何故なのか。。。

その理由の多くは、この時期くらいから多くの人はサンダルを履き始めます。

もちろん裸足で。

多くのサンダルはつま先が見えるものです。

そうです。

裸足で、つま先が出るタイプのサンダルを履けば、巻き爪が見えてしまう状態になります。

巻き爪の状態が酷い人ほど、裸足の状態での巻き爪を見せたくありません。

若い女性であれば、なおさらです。

ということで、この時期になると、若女性の巻き爪のお客さんが増えるんです。

最近来たのは、こんな方。



右もなかなかですが、左は完全に痛そうですね。

爪の中の肉の形が完全に変形してしまっていますもんね。

でも、この方が痛いのは、右足のみ。

左は、全く痛くないんです。

こーゆー方って、意外といるんです。

つまり、巻き爪の変形度合いと痛み度合いが比例していないんです。

これは、変形性の膝の痛みにも同じことが言えましたね。

レントゲンや見た目ですっごい変形していても、痛みが全く無い方もいるということを、前回のブログでお伝えしました。

変形性ひざ関節症の痛みについて(動画)

今回の方も、痛みの度合いと変形の度合いが比例していないタイプ。

何故か。。。

爪の変形が重度でも痛くない人は、その変形に対して自分自身の身体を上手にコントロールできているんですね。

逆に変形の程度は軽くても、痛みが強い方は様々な原因があります。

・靴が合っていない

・歩き方の癖が強い

・爪への栄養が足りていない

まずはこの3つの要素が大きいですね。

ここら辺は、実際に合って、爪の状態と生活環境を確認しないと、ちゃんとした指導はできないですけどね。

とにかく、今日伝えたいのは、

爪の変形度合いと、痛みの度合いは比例しない!!

です。

今日はここまで!





RISE BOX(ライズボックス)
〒474-0025
愛知県大府市中央町6-74-1
今すぐお電話を!
⬇️⬇️⬇️
0562-57-7110

治療受付時間  火・水・金 13:00~20:30
                          土      9:00~12:00
        定休日 : 月・木・日・祝








このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ほまれ接骨院(RISEBOX)

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31