野村誉スタッフブログ

2015年10月20日 火曜日

女性の味方!フルオーダーシューズ!安城市・刈谷市ライズボックス

いよいよラグビーW杯。

ベスト4。

出揃いました。

ニュージーランド・南アフリカ・アルゼンチン・オーストラリア。

なんと全てが南半球の国々。

しかし。

ベスト8のオーストラリア対スコットランドの試合。

誤審認めた問題。

しかも、そのその誤審によるペナルティで、オーストラリアが逆転勝ち。

何とも後味悪い。

今大会はTMO(television match official)というビデオでの判断を取り入れたのに。

残念ながら誤審となったプレーはTMOの対象にはならないノッコン(ボール保持者がボールを自分より前方に落とすファウル)とオフサイド。

実は相手も触っていた・・・

このプレーが勝敗を分けただけに・・・

見ているこっちも辛い。

今年は日本プロ野球界でも、ありましたね。

クライマックスシリーズを争う阪神と広島の試合での誤審。

本当は広島が勝っていたかもしれないのに。

その勢いでクライマックスシリーズに進出できたかもしれないのに。

審判も誤審認めたし。

広島ファンのまさみマンはプンプンでした。

あ。

ホマレです。

今日はオーダーメイドシューズの取り扱いを始めます!

というお話。

先週末にちょっくら浜松の靴の師匠のところにお邪魔してきました。



聞きたいことがいくつかあったものですから。

材料をもらいに行くついでに。

この前、師匠がMIZUNOの開発者の話を聞いたというので、それも聞きに。

で、つまりは。

お安く、フルオーダーシューズを扱うことにあいなりました!

どいうことかというと。

4種類のデザインの中から、約20種類の皮の色から選んでいただき、横幅と縦幅は選びたい放題ということ。

デザインはこんな感じ。



で、穴あきバージョンとなしバージョン。

まさに足で困っている女性の強い味方。

足を止めるストラップの一番固定力が高い足首周りに位置しています。

もちろん、カカトの補強(ヒールカウンター)も土踏まずの補強(シャンク)も非常にしっかりしたものが入っています。

つまーーり。

ものすごい安定感の靴を、左右バラバラでもサイズびったしで履けるわけ。

いやー。

さすが師匠。

シンプルしゃれおつ。

で、どんな方にオススメするか。

はい、ココ重要!

サイズの左右差が大きい方。!!!

縦幅が10㎜違うとか。

横幅が3サイズ違うとか(片方だけ外反母趾の方が多いですね)。

先天性股関節脱臼やペルテス病などで、骨の長さ自体に左右差がある方。

こんな方々は市販の靴ではなかなか対応できません。

逆に上記の様な方々が市販の靴を履くことによって、様々な痛みにつながります。

タコや魚の目、外反母趾や巻き爪。

足底筋膜炎やアキレス腱炎。

種々の足周りや膝の痛み。


などなど。

数え上げたらきりがないほどです。

ということで、せっかく浜松に久しぶりに来たので、人生初の浜松餃子を食べて来ました!



きっとうまい!

はい。

わたくし。

味音痴で有名です。


靴販売詳細ページはココ!


RISE BOX(ライズボックス)
〒448-0843
愛知県刈谷市新栄町2-17
今すぐお電話を!
⬇️⬇️⬇️
0566-23-1033

治療受付時間  月~金 12:30~20:30
                          土    8:30~12:30
        定休日 : 日・祝








このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ほまれ接骨院 | 記事URL

2015年10月12日 月曜日

足の甲の痛み!靴の履き方で変わる!安城市・刈谷市ライズボックス

見ました?

今朝のラグビーW杯。

予選リーグ最終戦。

日本 対 アメリカ。

勝ちましたねぇ〜。

ここで勝つことで、予選リーグ3勝。

日本の実力が本物だと、まさに証明された試合でした。

内容もそこまで危なげないもの。

決勝トーナメントには行けなかったものの、間違いなく次の日本開催のW杯に繋がる結果でした。

しかーーーし!

ここまで、日本を導いてきたヘッドコーチのエディ・ジョーンズが退任。

彼が一番選手に植え付けたのは、勝者のメンタリティーだと言われています。

自分たちは強いと。

もちろん、それだけでは勝てませんので、タックルやスクラムを始め、多くの過酷の練習に励んだと言われています。

ラグビーは試合中は監督の指示が選手に届かない珍しいスポーツ。

だからこそ、普段の練習から基礎をしっかり行い、自分たちで考え、苦しい時にいかに正しい判断ができるかということが求められます。

つまり、一人一人のプレーヤーがしっかりと自信を持ってプレーしないと早く正しい判断ができないということ。

これはどんなスポーツでもそうですが、しんどい時に弱気になると正しい判断ができなくなることがすっごく多いですからね〜。

ここまでエディが築いてきた礎を今後もしっかり受け継いでトレーニングすれば、4年後の日本開催のW杯も初の予選突破も可能だと思います!

あ。

熱くなりすぎました。

今日は足の甲の痛み

クライアントさんは40代の男性。

走り始めたのは、1年前。

順調にタイムが伸びてきたので、最近シューズを新調したとのこと。

そしたら、2週間前から右足の甲が痛いとのこと。

実際に足のサイズを測ってみると、右足の方が5㎜縦幅が小さく、横幅も右足の方が3㎜小さい。

で、実際にいつも履いているようにお持ちいただいたランニングシューズを履いて下さいと言ってみると・・・

靴のサイズは・・・

まあ、いつもようにデカイです。

が靴の履き方はなかなか上手の履かれている。

しかーーーーーーし!

一番問題なのが、靴ひもの締め具合

この方は紐を下のほうからしっかり締めてくれるのは、すごく良いんですが、なんせ足幅に対して靴がデカイもんだから締まり過ぎてしまう。

本来ひも靴の紐を除去した時の「ヒモ穴」どうしの距離をその靴の基本のヒモ穴の距離となります。



このヒモ穴のことを「鳩目」と言います。

この内側と外側の鳩目間の距離が大事です。

靴も呼吸します。

つまり、走っている時に足が地面に接地した時に足は縦横に拡がります。

この時、靴もある程度は拡がってくれるべきなんです。

そうするためには、ヒモjをしっかりしたから締めた時に、この鳩目間が元々の距離と同等かそれ以上に拡がっていると、靴は若干拡がってくれます。

下の画像だとの写真になります。



このように、足が地面に接地した時の足の拡がりに対して、靴もある程度横に拡がってくれることを「靴の呼吸」と言います。

しかし、靴を履下からしっかりヒモを締めた時に元々の鳩目間よりも狭くなると靴が呼吸できなくなります。

上の画像の右側です。

これは足の横幅に対して、靴に元々の横幅が大きい方が下からしっかりヒモを締めるとなることが多いです。

そうすると、靴が呼吸できなくなるので、靴ひもが足の甲の部分を圧迫します。

その状態で足より靴が大きいと、靴の中で足が動きます。

つまり、足の甲の部分がヒモで圧迫を受けた状態で足が靴の中で動くので、足の甲がヒモと摩擦を起こすことにより、足の甲が痛くなります。

多いのは、長母指伸筋腱腱鞘炎。

というやつです。

ということで、いつものように靴の改造か、新しく靴を買うかの選択肢。

で、今回は靴を新しく買ったばかりなので、靴の改造をしました。

横幅を補強するこの改造。



縦幅が大きいのでそれも足しました。

こんな感じ。



この画像は違う靴ですが・・・

幸いにもカウンターとシャンクはなかなか良かったので、改造せずにすみました。

とまあ、これで走ってもらったところ、全然痛くないとのこと。

たまたま今回は一発で済んだ例でした!

あ、そうそう。

先週末に豊橋は2人のセラピストが遊びに来てくれました。

まあ、靴の話をしただけですが・・・・

先月わたくしが講師をしたセミナーを聞きにくれた2人で、そのセミナーの時の話の復習を兼ねて、他にも聞きたいことがあるということで・・・

で、ライズボックスで5時間話した後、もちろん呑みに行きました〜。

ただただ楽しかったです!




靴改造・販売詳細ページはココ!!


RISE BOX(ライズボックス)
〒448-0843
愛知県刈谷市新栄町2-17
今すぐお電話を!
⬇️⬇️⬇️
0566-23-1033

治療受付時間  月~金 12:30~20:30
                          土    8:30~12:30
        定休日 : 日・祝
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ほまれ接骨院 | 記事URL

2015年10月 6日 火曜日

片足だけの外反母趾に靴でも対応!知立市・刈谷市ライズボックス

さぁ、やってまいりました。

プロ野球セリーグレギュラーシーズン最終戦。

クライマックスシリーズ進出をかけた広島東洋カープ。

かたや、プロ野球史上初となる、中日ドラゴンズ山本昌投手の50歳での先発投手での登板。

まあ、一人の打者にしか投げないようですが・・・

名古屋育ちのわたくしは、かつてはドラゴンズを愛してやみませんでした。

今は・・・

そこまで・・・

どっちかっていうと、個人的に応援してる選手が何人かいます。

とにかーーく。

山本昌投手にも勝ってほしいけど、マサミマンの応戦する広島東洋カープにも、CS進出してほしい。

まあ、明日で決まります。

久しぶりにプロ野球が少し楽しみです。

個人的には、最近、10年前から大好きなラグビーの人気がW杯のおかげで上がってきたことが嬉しんですが。

まあ、いいです。

どっちにしても、見る専門ですから!

今日は外反母趾の方の報告。

この方は40代の男性。

悩みは右足だけ外反母趾変形があり、痛いとのこと。



以前のも、このような方が見えて、ウェーブライダー 18 ワイドを勧めました。

という話をしました。

しかし、今回の方は、基本仕事はビジネスシューズで歩きまくり、走っている時より、ビジネスシューズを履く仕事中の方が痛いとのこと。

で、もともと履いていた、ビジネスシューズを確認させてもらいました。

サイズは・・・

この方は靴を選ぶ時、右足の拡い横幅を合わせるので縦は実寸よりも30㎜も大きく、仕事で歩きまくり靴がいつも1年もたないので5〜6千円の安い靴を履いているとのこと。

当然ヒールカウンター(かかとの補強)シャンク(土踏まずの補強)ふにゃふにゃでした。

これでは、まず靴の中で足が動きまくり、靴自体が弱いので、足にすっごい負担がかかってしまう。

結果、足にとっては悪循環で、このままこういう靴を履いていると、外反母趾が治らないばかりか、よりひどくなってしまう。

本来、外反母趾の方は指の付け根はもちろん拡いんですが、その手前の踵〜足部の中央部分までは、そんなに拡くありません。

つまり、外反母趾で指の付け根の部分に靴を合わせると、それより後ろの部分が靴よりも足が小さいということになります。

この辺をこれまでもインソールのベースでいろいろ改造してきました。

でもでも、理想はやっぱり足の形と靴の形がピッタリ合うこと。

そうしないと、結局靴の中で、足は動こうとしますからね〜。

で、いつもお願いしている、「パラマウント・ワーカーズ」さんにお願い。

右足の靴だけ、指の付け根部分だけを拡くしてもらって、それより後ろの部分は細いままに。

なんていうワガママな注文を聞いてくださいます。

こんな感じ。



わかります?

画像じゃあ分かりにくいですよねー。

右足用靴の親指と小指の付け根部分だけが、左足用靴に比べて拡がっているのが!

これで、外反母趾の右足が、靴の中で動くことはありませんね!

もーね。

ありがたいですね〜。

やっぱり、この方が、インソールの効果も出しやすいデスからね〜。

まあ、いろんな方がみえます。

それぞれ、訴える症状も違えば、足の形もそれぞれ違いますからね。

だから、興味深いし、勉強にもなるんですけどね!

あ、昨日はほまれ接骨院で月に1回のナイトセミナーでした。

時間は22時から24時。

昨日は一宮という、なかなか遠い場所から、鍼灸師の友人が話をしに来てくれました。

タイトルは私の見方。

だったかな・・・

まあ、そんな感じ。

東洋医学から発展した鍼灸師の先生の話は本当に面白かったです。

東洋医学は以前ほんの少しだけかじったことがあったので、より面白かった。

木・火・土・金・水。

その中でも、水と火の関係。

そして、陰と陽の関係。

脈診などなど・・・

いろいろ考えさせられたし、まだまだやれることがありすぎるっ!

ていう思いです!

やっぱり目は大事だなぁ。



んじゃバっ!!



靴詳細ページはココから!!



RISE BOX(ライズボックス)
〒448-0843
愛知県刈谷市新栄町2-17
今すぐお電話を!
⬇️⬇️⬇️
0566-23-1033

治療受付時間  月~金 12:30~20:30
                          土    8:30~12:30
        定休日 : 日・祝
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ほまれ接骨院 | 記事URL

2015年10月 3日 土曜日

運動会!子供靴で足が痛い!安城市・刈谷市ライズボックス

勝ったね〜。

吠えたね〜。

泡吹いたね〜。

昨日の夜は親友とスポーツバーで、ラグビーW杯。

日本対サモア。

負ければ予選敗退。

前半終わって、20−0。

こんなスコア誰が予想できたでしょうか。

結果も26−5。

完勝。

ラグビーは実力が結果に直結するシビアなスポーツ。

だから、24年間でたった1勝しかできなかった。

でもでも、今大会だけで、もう2勝。

間違いなく本物です。

その後は家に帰って、イングランド対オーストラリア。

まさかのイングランドが負け。

大会史上初の開催国の予選敗退。

テレビで見てても、もちろんプレーは見ますが、どーしてもスパイクに目がいってしまいます。

そう、職業病。

そんなこんなで。

今日は子供靴の話。

先日、5歳の女の子が母親とおばあちゃんと来院。

訴えはAという靴を履いて走ると脚・足が痛くて、泣きながら寝る。

寝るまで、1時間以上お母さんは幼娘の脚をさすってやるしかできない。

Bという靴を履くとスポスポ靴がすぐ抜ける。

3日後は運動会なのに・・・

AもBも同じ15㎝なのに・・・

どうして・・・

確かに両方に靴のサイズ表記は「15.0㎝」

で、中敷を取り出して比べてみると、何と20㎜も違う。

そうです。

つまり、2㎝です。

Aの靴は彼女の実寸より5㎜小さい

そりゃ、痛くなるわな・・・

Bの靴は実寸より15㎜もでかい

しかも、調整はマジックテープではなく、調節のできないゴム紐。

そりゃ、抜けるわな。

あんまり痛いので、近くの接骨院で、本人お気に入りの5㎜小さいAの靴にインソールを作ってもらったとのこと。

でも、痛みは変わらない・・・・

まぁ、ことのつまりは単純にサイズが合ってなかった。

さらに言うなら、この子の足の形はこんな感じ。



なかなか個性的に足の形です。

踵は非常に小さく、指が扇状に広がっている。

実際にウィズ(足囲)を測ってみると、「4E」

なかなかでかいです。

もちろんどの年代でも靴の機能性は重要です。

で、早速うちに来たその足で、カカトと土踏まずのしっかりした靴を紹介して買ってきてもらいました。

もちろんメジャーを渡して。

で、買ってきてもらったのが、この靴。



アシックスのスクスクシリーズ

ベルクロ(マジックテープ)は2本のタイプで!

こういう子は基本ワイドタイプに靴を履いてもらいますが、そうすると当然踵周りもでかくなるので、靴の中で踵がユルユルに。

なので、縦幅と横幅を合わした靴を買ってきてもらって、そこに中敷を改造して、踵が靴の中で遊ばないようにしました。

一見、めちゃくちゃ変な形の中敷ですな。

土踏まず〜踵にかけて、非常に幅広く中敷を作ってあります。

でも、いいんです。

これがまた。

なぜ良いと分かったか・・・

今日、仕事が午前中で終わったので、いつものように靴の市場調査。

行き先はいつもの「イオン東浦店」。

まずは、スポーツオーソリティーに行って、各種スポーツの靴を見て、勝手にメジャーを取り出し中敷の捨て寸を測る。

で、その後、キッズ共和国に行って、子供靴を見る。

ここは、品数がなかなか豊富なので、大変勉強になります。

最後に2階に行って「ASBEE」へ。

そこで、タウンシューズを見ていたら・・・

先日来てくれたその子供と母親とおばあちゃんにいきなり声を掛けられました。

運動会が痛みなく走れた!!

とのこと。

思わず、絶叫しそうになりました。

しかし、わたくしこれでも大人。

押さえました。

こういうのは、本当に嬉しいですね〜。

やってて良かったと心から思える瞬間です。

これからも、こんな感動を与え、与えられるように精進しようと誓った1日でした。

あ、この週末は12年前のバイト時代の仲間との再会。

年に1回は合うメンバーもいれば、12年振りに合う方も。





ただのバイトですが、わたくしにとってはされどバイト。

飲食店でしたが、自分にとっては非常に良い社会経験ができた場所でした。

毎月、100時間以上働いてました。

必死でした。

でもでも、楽しすぎました。

バイトと専門学生の両立。

バイトで繋がった仲間が、やめて12年も継続して会食をする。

本当に最高に仲間に恵まれていると思います。

もちろん、それは現在進行形。

今後も人との出会いを大切に生きてゆこう!


靴詳細ページはココ!!


RISE BOX(ライズボックス)
〒448-0843
愛知県刈谷市新栄町2-17
今すぐお電話を!
⬇️⬇️⬇️
0566-23-1033

治療受付時間  月~金 12:30~20:30
                          土    8:30~12:30
        定休日 : 日・祝
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ほまれ接骨院 | 記事URL