上がる!RISEBOXスタッフブログ

2018年1月29日 月曜日

名古屋ウィメンズマラソン出場決定!でも膝が痛くて満足に走れない。

ホマレです。

いよいよ迫ってきましたね〜。

国内唯一の女性のみのフルマラソン大会。

そう「名古屋ウィメンズマラソン2018」

当院でも多くの女性ランナーがいろんな場所に痛みを抱えてやってきます。

以前、わたくしの義理の姉が大会に出るということで、前日の受付も一緒に行ってきたことがあります。

いろんなブランドのブースが出ていてなかなか楽しかった印象があります。

が、衝撃のシーンを幾度となく目撃しました。

それは、明日に控えた前日の受付に来るランナーのはずなのに、痛そうな足を引きずって歩いている方がいるんです。

それも一人や二人などではありません。

最低でも10人以上はみました。

当日走るのは約3万人。

いったい、そのうち体の何処にも痛みがなくスタートラインに立てている女性ランナーはいったいどれくらいいるのだろうかと考えてしまいます。

単純に第三者から見れば、そこまでして走らなくていいのに。。。。

と、思うかもしれません。

わたくしも数回フルマラソンを走ったことがあるので、この方達の気持ちがわからなくもありません。

しかも、日本全国をもってしても女性だけのフルマラソンの大会はこれのみで、さらに完走するとティファニーのペンダントが貰える。

ということで、年に一回このレースにしかでないという人もいれば、このレースのためだけにずっと頑張ってきたなんていう人もいたり。

そりゃ、足を引きずってでも、スタートラインに立ちたいという方もけっこういると思います。

それでも、毎回この大会の完走率は90%以上。

女性は強いです。

今回、来院されて女性ランナーは膝痛で困っているとのこと。

痛い場所はいわゆるランナー膝と呼ばれる膝の外側に痛みではありません。

この方は走るたびに痛い場所が変わるとのこと。

お皿の上や下、内側や後ろなど、本当に走るたびに右膝のいろんなところがある。

もう痛みを感じてから半年以上になるとのこと。

不安になって整形外科でレントゲンとMRIを撮っても、全く問題は無いとのこと。

ということで、ナニが原因で痛いか全くわからず、「出口の無いトンネルを走っている感じ。。。」

と一言。

とにかく、カウンセリングしましょう。

ということで、原因を探ってみると。。。

もちろんシューズの問題や歩き方・走り方にも問題はある。。。

が。

しかし。

とにかく、歩くときも走るときも、すごく上半身がふにゃふにゃしている。

これが本当の原因なのか。。。

もちろん確定ではないので、この方に会う靴を勧めて、上半身を安定させるこの方にあった体操を1種類だけ指導しました。

そこから1週間ごとにきてもらいくるごとに前回指導した体操の確認をして、さらに新しい体操を1種類指導する。

このやり取りを3週間続けたところで、走るときの痛みに少し変化が出てきました。

痛みがでる距離が伸びてるということだそうで。

この調子で少しずつ痛みをコントロールして、上半身がしっかり使えるようになれば、ギリギリ名古屋ウィメンズマラソンに間に合うかもですね。

そうそう。

昨日は教え子2人とお食事してきました。



もう10年前くらいですかね。

当時はまだ高校1年生。

今はもう、社会人2年目と大学院。

2人ともいい男になりましたわ。

しかも、去年集まったときは私が奢ったとのことで、今回は一人の社会人が奢ってくれました。

高校生で敬語のできなかった子供だったのに。

本当に泣けます。

おかげで帰りの電車の中で思い出し泣きしてしまいました。



当院の治療の流れ



RISE BOX(ライズボックス)
〒448-0843
愛知県刈谷市新栄町2-17
今すぐお電話を!
⬇️⬇️⬇️
0566-23-1033

治療受付時間  月~金 12:30~20:30
                          土    8:30~12:30
        定休日 : 日・祝

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ほまれ接骨院(RISEBOX) | 記事URL

2018年1月27日 土曜日

足の大きさが全然違うんです。。。私に合う靴を探して下さいっ!!

ホマレです。

今日はパート主婦の方のお話。

この方の当院への来院目的は巻き爪治療。

この方の足は見事に10本指の全ての爪が巻き爪。

痛いのは両方の親指と左の人差し指の3本。

一気に3本とも治療をしても良かったんですが、とりあえず一番痛い左の人差し指のみの治療をして、痛みが減ることを実感できたら、他の親指も治療開始しましょう。

ということになりました。

と、ここまではいつも通りの流れ。

さあ、ここから足のサイズを測って、歩き方を見て、持参してもらった靴の確認して、巻き爪の原因を説明して、最後に巻き爪の治療を。。。

と、いつもカウンセリングの流れに入ろうと靴下を脱いで足を見せてもらった瞬間!

「見たら分かる、足の大きさだいぶ違うやん!」

わたくしもう何万足と足を見てきましたが、ここまで左右で足の大きさが違うのは、本当に久しぶりです。

素人目で見ても明らかに分かるくらいです。

では、早速サイジングを。

なんとここまでとは。

右足 : 縦幅=245ミリ  横幅=E(標準)

左足 : 縦幅=234ミリ  横幅=3E(幅広)

そうなんです。

ちょっと不思議なんですよねー。

右足の方が左足に比べて縦幅は大きいのに、横幅が小さい。

しかもそのサイズはともに2サイズ。

こりゃ、見ただけでその大きさの違いがわかるわけですね〜。

じゃあ、なぜこの足が出来上がってきてしまったのか。

この方に聞いても、これまでに特に大きな怪我をしたこともなく、障害も持っていないとのこと。

つまり、このサイズ差はこれまでのこの方の歴史が生んだんですね。

いろいろ質問しましたが、正直あまりコレといったものが見出せなかったです。

人間の足ってすごい。。。

とにかく、この方は立ち仕事をされててて、長く立っていても疲れない、さらに巻き爪が痛くならない靴が欲しいとのこと。

そう、問題は巻き爪よりも、むしろこの足でしたね。

本人さんもこんな感じの足になってから、靴選びに本当に苦労されてるそうで。

仕事中も、巻き爪の痛みよりも足裏やふくらはぎが先に疲れてだるくなってから、その後に遅れて巻き爪の痛みが出てくるだそうです。

まあ、とにかく今回選んだ靴はコレ。



あなじみ、パラマウント・ワーカーズ・コープの靴

横幅展開も「2A」〜「F」も各サイズを揃え、「親指の上だけ拡げてください」などの細かいしてまでできる。

基本的なサイズを左右で帰ることはできませんが、細かい指定をすることで、この方のサイズに近い靴を再現することができるんです。

まずはこれを履いてみて、気に入ったらブーツやパンプスも欲しいとのことでした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ほまれ接骨院(RISEBOX) | 記事URL

2018年1月26日 金曜日

種子骨炎の治療してもらうついでに、新しく靴を買って見てもらおう!?

 ホマレです。

今日は初めて当院に来られる方のお話です。

大学2年生の彼女はラクロスをしています。

本人的には、思い当たる原因は全くないが、なぜか昨年末から練習中に足の親指の付け根の底面が痛くなる。

練習後はしばらくの間は歩くのも痛い状態。

試しに1週間部活を休んで復帰したけど、やっぱりすぐに痛くなる。。。

ということで、まずは最寄りの整形外科に行き、診断名は「種子骨炎」

で、治療というと。。。

湿布と電気治療のみ。。。

2週間ほぼ毎日通院したけど、いっこうに痛みは変わらない。

もう遠征も近くなってきたので、その前になんとかしたい!

ということで当院に来院されました。

いつものようにカウンセリングで、彼女の痛みの原因を探そうとしたら。。。

「ココに来るために、新しくスパイクを買ってきました!」

とここでわたくしは心の中で

「こりゃ、まずいな。。。」

つまり彼女の痛みの原因の一つがスパイクだった場合。

新しいスパイクを買ったところで、そのスパイクは彼女のこれまでの基準で買ってしまったことになる。

もし、彼女のスパイクに対する基準が間違っていたら。。。

具体的に言えば、

・縦幅・横幅のサイズが大きい

・全体的に靴の構造が弱い

・足の形に合っていない

などなど。

つまり、これらが合っていないことが、今回の種子骨炎の原因の一つであったならば、これまでの間違った彼女の基準でスパイクを新しく買っても、何の解決にもならない。。。

です。

僕がクライアントの靴でチェックしたいのは。。。

① 靴底の磨り減り具合。

② 中敷の足圧力具合

③ サイズが合っているか

④ 機能が合っているか

など。

特に①や②の確認をするには、できるだけ履き込んである靴の方が分かりやすい。

これらを確認することで、彼女に癖が分かり、治療アプローチがしやすくなります。

さらに、持参してもらった靴がダメだった場合、私の基準で選んだ靴を履くことで、痛みが改善・減少する可能性がある。

ということは、せっかく新しい靴を買ってきたのに、さらに新しい靴を買わないといけないことになってしまう。

この衝撃なる残念な事実を彼女に伝えたら、「オッケー。じゃあ、自分で買ってきたスパイクはメルカリで売るわ!」

ですって。

この子。。。

たくましい。。。

ということで、わたくしが選んだ新しいスパイクを買って練習をしてもらいました。

今回選んでもらったのはこれ。



MIZUNO モナルシーダ

渋い。。。

最初はコスパ的にもアシックスのスパイクを勧めたんですが、デザインが気にいらないということで。

違う選択肢のこのスパイクを選びました。

カラースパイクが当たり前の時代にこの、渋さを選ぶなんて。

やはり、ここでもこの子の大物感が際立ちます。

今日はここまでじゃ!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ほまれ接骨院(RISEBOX) | 記事URL

2018年1月24日 水曜日

ふくらはぎやアキレス腱の痛みは踵が原因かも!刈谷市ライズボックス

ホマレです。

先週末、鹿児島より著名な理学療法士の先生をお呼びして、セミナーを行いました。



一昨年にも、この先生には来ていただき、その時にお願いして去年から足部3回コースをお願いしました。

1日約5時間の講習を3回。

その3回とも全て足の話。

つまり合計15時間。

まあ、でもそれでも時間が足りない。

んー、やっぱり足を奥が深い。

今日はそんな中で踵の脂肪にクローズアップ。

ん?

踵の脂肪?

そうです。

踵にも脂肪があるんです。

場所は踵の骨の底面。

ここにある脂肪はわたくしのお腹にある必要のない脂肪とは全く違います。

ここにある脂肪はいわゆるクッション材です。

人間が歩く時は、ほとんどの場合は踵から地面に接地します。

ここでこの踵にある脂肪がクッションの役割を果たします。

もしこの時にこの踵のの脂肪が無いと、地面に着いた時の衝撃がもろに踵の骨に伝わり、いろんなところが痛くなってしまいます。

さらに痛みを感じる神経もしっかり入っておりますので、痛みを結構感じやすいところでもあります。

ここの脂肪はお腹の脂肪ほど、ふにゃふにゃの柔らかくはありませんが、間違いなく動きます。

そしてここの脂肪の動きが悪くなると、地面から受ける衝撃をしっかり吸収することができなくなるので、痛みにつながります。
 
で、踵の骨にはアキレス腱と、その先にあるふくらはぎがあるので、ここらがまずは痛くなったり疲れやすくなったりもします。

もちろん、さらに上にある膝や股関節にも痛みを及ぼすこともあります。

では、この踵の脂肪が硬いのか柔らかいのかの判断は。。。

ちょっと難しいですね。

いろんな人の足を比べてみないと。。。

まあ、とにかくふくらはぎやアキレス腱が疲れやすかったり痛い方はとにかく踵の底面にある脂肪を動かしまくってみましょう。

ムニュムニュむにゅむにゅ。

で、これをやってもしも、これらの痛みが減るのであれば、この踵の脂肪の硬さがその痛みの原因の1つになっている可能性が高いということになります。

もちろんこれだけが原因でないこともありますが。。。

でも、ここをムニュムニュして少しでも痛みが減ればラッキーですよね。

だって簡単ですから!

わたくしも以前より、この踵の底面にある脂肪が非常に重要なのは普段の臨床のなかで実感しておりました。

そして、今回のセミナーのなかでも、この踵の脂肪が大事だよ。

しっかり評価をして、しっかり治療しようね。

ということだったので、自分のやっていることは合ってるな。

あ、でもこんな評価の仕方があって、こんな治療の仕方もあるんだなと非常に勉強になりました。


当院が多くのお客様になぜ選ばれるのか


RISE BOX(ライズボックス)
〒448-0843
愛知県刈谷市新栄町2-17
今すぐお電話を!
⬇️⬇️⬇️
0566-23-1033

治療受付時間  月~金 12:30~20:30
                          土    8:30~12:30
        定休日 : 日・祝

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ほまれ接骨院(RISEBOX) | 記事URL

2018年1月20日 土曜日

転んだ!膝が痛くて曲がらない!ランナー専門 刈谷市ライズボックス

ホマレです。

今日は膝痛ランナーのお話。

この方は新年早々に走っている時に転んだそうです。

そこから膝の外側が痛くて膝が曲がらない。

膝が曲がらなくても走れるだろうということで軽くジョギングしてみるものの地面に足が着いた時の衝撃が膝に響いて痛くて走れない。

仕事でよくしゃがむ動作があるのに痛くてしゃがめない。

こんな私を何とかしてー。

ということで来院されました。

当院では初回に来られた際に必ずカウンセリングをします。

そのカウンセリングを行うことによって、その方の痛みの原因をみつけ、それに対するアプローチ法を見つけ出していく。

さらにそれプラスでシューズフィッティングを行います。

間違った靴選びが痛みの原因の一つになることも多いので。

そうです。

当院に来られる9割以上の方が長年、もしくは数ヶ月の悪い身体の癖が蓄積されての痛みなので、これらのカウンセリングが必要になります。

が、今回のクライアントはいつもと違う。

つまり、一発の力で膝を痛めてしまったのです。

膝をぶつけて、ただの打撲だけならいいな。

と重いながら、膝の検査をいろいろやってみました。

半月板のテスト。

十字靭帯のテスト。

側副靭帯のテスト。

などなど。

膝を作る構造体のどこかに傷がついていないかの確認をしていきました。

結果。。。

う〜〜〜〜ん。

何かおかしい。

どこかおかしい。。。

自分だけの判断では、判断するのが難しい。。。

ここで、もし半月板や靭帯・骨に傷がついていて、痛みが引いてきたから、じゃあ走っていいですよ。

なんて軽く流してしまったら、あとでお互いに後悔します。

ということで、病院でしっかり診てもらいましょう!

ということに。

でも、病院に行ってただレントゲンを撮るだけでは、簡単な骨の異常しか写らない。

そうです。

関節内の骨折や半月板・靭帯の損傷はレントゲンだけでは非常に写りにくいんです。

そんな時はMRI を撮ってもらって、しっかり診断してくれるドクターが。。。。。

いるんです。

僕の中京大学時代の恩師で、ゼミの先生です。

この先生は整形外科医のスポーツドクターで同じ刈谷市内の病院で勤務していらっしゃいます。

早速この先生に電話して、このクライアントのMRIを撮ってもらったところ。。。

後十字靭帯の損傷。

やっぱり診てもらって良かった。

その後のリハビリは当院でも大丈夫ということなので、本日より開始いたしました。

こんな感じで、当院では怪しいと思ったら怪しいままにせず、すぐにスポーツドクターと連携がとれます。

本当にいつもこの先生には感謝感謝です。

今まだに怪しいと思ったクライアントは全てこの先生に診てもらってます。

そのほとんどはMRIの診断になってます。

それで、疲労骨折や関節内の骨の傷などレントゲンではわからないものがほとんど。

やっぱり、怪我をして、原因がはっきり分かったとしても、その怪我の中身が実際にどうなってるかがわからないとアプローチしようがないですからね。

今日は内にその先生に過去診てもらったことがある、教え子がご飯にきてます。



あ、私、以前10年ほど、女子サッカーを教えておりました。

今は週末が忙しすぎて関われていませんが。

今日は3人来ました。

この内2人はまだサッカーやってますもんね。

その体力にわたくしお手上げです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ほまれ接骨院(RISEBOX) | 記事URL

カレンダー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31