巻き爪矯正




巻き爪矯正のメリット

足の爪が指に食い込んでしまう巻き爪には、遺伝や加齢、爪の切り方などさまざまな原因があります。しかし中でも大きな原因は、フィットしないシューズを履いて、足指が圧迫されたりして、負荷が掛かることから起こるものです。いわゆる「靴が合わない」というものです。
当院では、適切なインソールを使用することで、足指にかかる負担を軽減し、巻き爪を矯正します。


巻き爪矯正の流れ
典型的な巻き爪

1. 典型的な巻き爪

2. B/Sブレイス(巻き爪矯正板)を装着する部分の爪を滑らかにするために、少し爪を削ります。

3. B/Sブレイスの中央に特殊な接着剤を塗り、爪の中央にのせます。

4. B/Sブレイスが爪の中央に付いたら、爪の両サイドに片方ずつ接着剤でつけます。

5. B/Sブレイスの角が靴下やストッキングなどに引っかからないように、特殊工具で研磨します。

6. B/Sブレイスを装着後、3か月の状態。

6. B/Sブレイスを装着後、3か月の状態。
巻き爪の矯正期間は、爪の状態や生活様式により、個人差があります。

指導管理

巻き爪の発生の多くは、普段履きの靴が悪いために起こります。
いくらB/Sブレイスをつけても、靴が悪ければ、巻き爪は治りません。
当院では、良い靴の選び方などの指導管理も致します。