魚の目・タコ





原因

魚の目の原因として、最も多いのが、「足に合わない靴を履いていること」です。
見た目やデザインばかりを意識して靴を選んでしまい、その結果足型や用途に合わない靴を履くことで、足に負担をかけてしまっては意味がありません。
またもう一つの原因として、歩き方の問題もあります。いくら足に合った靴を履いていても、歩き方そのものが悪く、足の裏に極端に体重がかかってしまっている場合に、魚の目やタコを発症することになります。


魚の目とは
魚の目のビフォーアフター

足裏の特定の部分に圧力がかかり、皮膚の防御反応から角質が増殖し、厚くて硬くなった状態になります。魚の目は、患部の中心に「芯」状のものができ、その部分を圧迫すると強い痛みが出ます。足の裏の突き出た部分や指のふち、指の間などで多く発生します。

タコとは
魚の目・タコ Before After

足裏の特定の部分に圧力がかかり、皮膚の防御反応から角質が増殖し、厚くて硬くなった状態になります。魚の目との違いは、患部の中心に「芯」は存在しないこと。痛さはそれほど強くありません。足の裏の突き出た部分などに多く発生します。

これらを予防するためには?
これらを予防するためには?

魚の目・タコの予防には、何よりも体に合ったシューズやインソールを履き、体重の乗せ方のバランスを調整することです。