上がる!RISEBOXスタッフブログ

2017年8月29日 火曜日

脚長差に合う靴とインソールもできます!刈谷・知立市ライズボックス



先日〜。

足の長さが左右で7センチ違うクライアントさんが来院されました。

もう20年くらいこの状態で生活しているとのこと。

歩きを見てみても、短い足の方は踵を地面に着くことができない状態で歩いてます。

この方の悩みはいろいろあります。

足の裏のタコが痛い。

魚の目が痛い。

足首が痛い。

腰が痛い。


etc............

この方は基本立ち仕事なので、痛いところが多いとそれだけ大変です。

この方に行ったのは、まずは足の長さを靴で補うこと。

しかし、これは約20年前にこの状態になったときに病院でいろいろ試したそうで、靴の底上げも確かやったような。。。

ということでしたが、まあ、とりあえずは試しにやってみましょう!

ということでこの方がもともと履いてこられた靴の足の長さが短い方に1・5センチ高さを足して少し生活してもらいました。

もちろん脚の長さの差は7センチありますが、この1・5センチ高さを増すだけでも、このかたにとってはだいぶ変わるようです。

さらにこの20年間この7センチ差でずっと生活してきたので、いきなり7センチもの差を埋めてしまうと身体がびっくりして違う場所に痛みを出しかねません。

そして、靴だけで7センチの差をつけてしまうと靴のソールの高低差がありすぎて靴も重くなってしますし、見た目が明らかに良くありません。

この方にとってはたった1.5センチの高低差があるだけでも短い方の脚の踵が歩くときに地面に接地することができるので、これだけでも歩行がだいぶ安定して、足首や腰の痛みがだいぶ減ったそうです。

僕の友人で生まれたときから脚の長さが左右で2・5センチ違う状態の方がいますが、その友人の歩き方を見ても一見そんなおかしな歩き方はしてません。

これは背骨と骨盤を上手く使うことで2・5センチの長さを代償して歩くことができるんですね。

で、この方に行った底上げの方法はもともとこの方が履いてこられた靴に、使わなくなった別の靴のソールだけ切り外してテープでくっつけるだけというもの。

いきなり短い脚の方だけ2センチくらい底上げした靴を買ってもそれが合わなかったらもったいないですからね。

でも、まあ今回は1・5センチ追加底上げした靴を試しに履いて生活してもらい、これで調子が良かったのでさらに5ミリ追加して結局2センチ底上げして生活しても良かったので、やっとここで靴を注文しました。

注文した靴はおなじみのパラマウントワーカーズコープ。

ここは注文が入って、一から作ってくれるので、追加オプションで片方だけ2センチ底上げしてもらいました。

もちろん縦幅選んで、横幅も『2A』という細い靴から作ってくれる。

さらに革の色も選びたい放題!

素晴らしいっ!!

さらに荷重方向を良い方向にテーピングで誘導するとタコや魚の目の痛みもだいぶ軽減されるということだったので、インソールも作りました。

出来上がった靴はこれ。



こんなこともやっていただけるパラマウントさんに感謝!!




RISE BOX(ライズボックス)
〒448-0843
愛知県刈谷市新栄町2-17
今すぐお電話を!
⬇️⬇️⬇️
0566-23-1033

治療受付時間  月~金 12:30~20:30
                          土    8:30~12:30
        定休日 : 日・祝

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ほまれ接骨院(RISEBOX)

カレンダー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31