RISEBOX(ライズボックス)HOME > マラソン・陸上をされている方

マラソン・陸上をされている方







 

ランナーに共通する主な怪我の代表例とは

ランナー膝

脚部の酷使により、膝の外側から痛みが生じます。日常生活の中でも痛みを感じるようになり、レベルによっては歩行もできなくなる人もあります。

【対策】

その人の体に合った、全身のバランス調整を行います。
その上で、膝関節の噛み合わせやねじれ、前方や後方への偏りを矯正します。

かかとの痛み(セイバー)

走行や歩行中、かかとが地面に設置するとき、かかとの底から横にかけて痛みが走る症状です。小学校高学年~13歳くらいの成長期の児童に多くみられる症状で、中には足を地面に着けられないほど重症化する場合もあります。

【対策】

セイバーの原因の多くは、適正な大きさのシューズを履いていないことがあげられます。親御さんは、育ち盛りのお子様には「成長期だから」と、大きめのシューズを履かせがちです。しかし、それが原因で歩行バランスがなくなり、かかとに大きな負担がかかってしまうのです。
対策の第一は、適正なシューズを履くことです。これは、シューズ本体でも、インソールでも対応できます。
また「シューズを履いていないときのほうが痛い」という場合は、テーピングやサポーターなどで対応が可能です。いずれにせよ環境が良くなれば、痛みは取れます。

足の甲、脛の疲労骨折

足の甲や脛の疲労骨折に関しては、ケガの場所が限局的に特定できます。
注意するべきは、痛みの度合いは人によって違うということです。人によっては、骨折に気がつかないほど痛みを感じない場合もあります。当然ながら、対応が遅いと改善までに時間がかかります。

【対策】

骨折なので、まず患部の固定を行います。次に、信頼のおける整形外科病院を紹介させていただき、レントゲン検査などを受けていただきます。
治療後のリハビリ等は、当院にお任せください。

アキレス腱痛

アキレス腱の酷使により、限局的な痛みと腫れが起こります。大豆状に、コリッと腫れが現われるのが特徴です。走っても、歩いても痛みが生じます。

【対策】

アキレス腱痛の対策としては、アキレス腱にかかる負荷を減らすことが第一です。
もっとも有効な手立ては、かかとの高さを上げることです。インソール、もしくはヒールウエッジの使用が一般的です。

シンスプリント

脛の内側の広範囲にわたる痛みが生じる症状です。圧痛があり、人によっては激痛が走ります。

【対策】

足にかかる体重を乗せる方向が悪いと、痛みとなります。そのためインソールを使用して重心バランを調整すれば、痛みが軽減されます。