上がる!RISEBOXスタッフブログ

2017年5月 4日 木曜日

成長痛の代表であるオスグット!治療法は?刈谷・東浦ライズボックス

痛いです。

顔が。

皮膚が。

日焼けで。

3日間連続で1日中外にいるのは、1年間でこのGWだけです。

日焼けはドクターストップがかかってます。

アトピーに紫外線はやばいです。

なので、こんな格好でトレーナーしてます。



もう、誰だかわかりません。

選手にも言われました。

「ホマレさんのその格好はテーピング巻いてなかったら、ただの変態だよね〜」

って。

そうです。

きっとそうです。

変態です。

いいんです。

自覚してます。

ホマレです。

うちのチームにも何人かいます。

オスグット

そうです。

膝のお皿の下のすねの骨の出っ張ったところ。

たぶん成長痛では、一番有名ではないでしょうか。

わたくしこの「成長痛」って言葉は少しだけ気に入りません。

ほんの少しだけ。

よく、オスグットで来た子どもの親御さんにこう説明します。

「成長痛は全ての成長している子どもがなるわけではありません」

「痛みがでる原因がどこかにあります」

「その原因が排除されない限り一旦痛みが治まっても、また痛みが出てくる可能性があります」

と。

もちろんこのオスグットはいわゆる身長が伸びる成長期に一番痛みを訴えるのが、特徴です。

でも、成長することだけが原因で痛みがでるなら、全ての子どもに痛みがでるはずです。

つまり痛みがでる原因があるんです。

それがなんなのか。

それは個体差ですね。

以前はよく言われていたモモ前の筋肉をストレッチしましょう!

は、正直その効果に疑問です。

だってスレッチするということは、モモ前の筋肉が張るからですよね。

じゃあ何でモモ前の筋肉が張るのかを考えなければなりません。

その理由はいろいろあります。

・歩行時に膝が曲がったまま足が地面に接地してしまい、モモ前の筋肉に負担がかかりすぎる。

・歩行時に体幹が後ろに下がりすぎて、モモ前の筋肉に負担がかかる。

・荷重方向が悪い。

・患部周囲の皮膚が硬い。

・合わない靴を履くことで、膝に負担がかかる。

などなど。

これら多くの原因を特定し、その原因を排除しなければなりません。

もちろん、原因となっている要素が1つだけとは限りません。

かくしてオスグットは多くの子どもの悩みとなっています。

当院では、この原因を探すことから始めます。

もちろん、シューズフィッティングもその一つにはなります。

テーピングで評価することもあります。

実際に身体をいろんな方向に動かして評価することもあります。

結果、最終的には痛みなく、それぞれの競技に復帰していきます。

もちろん成長が止まるまで待つわけありません。

たまにですが、大人でもここが痛い人もいますしね〜。

とまあ、今日はこの辺で。

RISE BOX(ライズボックス)
〒448-0843
愛知県刈谷市新栄町2-17
今すぐお電話を!
⬇️⬇️⬇️
0566-23-1033
治療受付時間  月~金 12:30~20:30
                          土    8:30~12:30
        定休日 : 日・祝

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ほまれ接骨院(RISEBOX) | 記事URL

2017年4月29日 土曜日

種子骨炎・外脛骨の痛みにテーピングセミナー!刈谷市ライズボックス

久しぶりです。

ホマレです。

最近セミナー開催が増えてきました。

&

本の書籍執筆が佳境を迎えております。

先週末まで2週連続で話してきました。

先々週は個人請求評議会という団体でした。




あ、座り方は気にしないでください。

ちょっと股関節などがおかしいだけですので。。。

今回の受講者はほとんどの方が柔整師。

久しぶりに柔整師の方々に話したので、やや緊張しました。

普段は理学療法士の方に話すことの方が多いですから。

まあ、ゆっても資格は違えど基本はなんら変わりません。

つまり話す内容も変わりません。

ただ、少し言葉の使い方を変えますが。。。

今回いつもとは少し趣向を変えて、靴の話だけではなくテーピングも交えて話をしました。

固定目的のテーピングではなく、あくまで骨や皮膚誘導のテーピングで機能的なものです。

足関節捻挫の場合は固定目的のテーピングも巻きますが、その中に機能的なテーピングを貼ることによって、痛みと腫れの軽減期間がグンと減ります。

もちろん足関節捻挫だけではなく、足底筋膜炎、種子骨炎、セーバー病、外反母趾、有痛性外脛骨、アキレス腱炎、シンスプリント、ランナー膝、ジャンパー膝、オスグッドなど、多くの障害に対応できます。

これまでもYouTubeで多くのテーピング動画を投稿してきました。

これらの一部を今回のセミナーで紹介してきました。

種子骨炎にはこういう評価をして、このような靴を履かせて、その評価をもとにこんなテーピングを貼るみたいな。

もちろん靴とインソールのセットが良いのはいうまでもありません。

ですが、てっとり早く痛みを減らしたいなら、まずはテーピングですね。

なので、普段の臨床現場ではいきなりインソールを薦める前にテーピングの誘導を行って痛みのコントロールを行います。

この方が実際に痛みを早く減らすことができると実感しております。

さらにトレーナーの現場では、もっとテーピングの能力を発揮することができます。

トレーナーの現場では、いきなり靴を変更することもできませんし、いきなりインソールをその場で作ることはできません。

なので、固定をしなくても痛みをコントロールできるテーピングが非常に強い味方になってくれます。

アスリートはレベルが高くなるほど関節の固定を嫌う方が多い印象にあります。

これは関節を固定することにより、動きが制限されパフォーマンスが低下するのを恐れるためです。

とにかく、このブログでは、靴とインソールの話をいtもしてますが、元々はテーピングの方が得意分野でした。

もちろん今でも使ってます。

まあ、多くはほまれ接骨院のほうですが。

ということで、以前YouTubeで流した動画を少しだけ紹介しちゃいます。

足根管症候群へのテーピング

外反母趾へのテーピング

有痛性外脛骨へのテーピング

種子骨障害へのテーピング





RISE BOX(ライズボックス)
〒448-0843
愛知県刈谷市新栄町2-17
今すぐお電話を!
⬇️⬇️⬇️
0566-23-1033
治療受付時間  月~金 12:30~20:30
                          土    8:30~12:30
        定休日 : 日・祝
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ほまれ接骨院(RISEBOX) | 記事URL

2017年3月24日 金曜日

靴メーカーの違いが有痛性外脛骨の原因かも!刈谷市ライズボックス

ホマレです。

今日も勘違いシリーズです。

第6弾!?

きっと。。。

今回は靴のメーカーによって、同じランニングシューズでも形が全然違うよっ!!

っていう話です。

今回はクライアントさんで実際にあった話です。

そのクライアントさんは高校2年生男子のバスケ部。

約1年前から右足の外脛骨が痛くなり、病院で診察を受けたところ「有痛性外脛骨」と診断されました。

その後なんとかだましだまし部活をしてきましたが、あることを境に痛みが増強。

その原因とは、捻挫。。。

そうなんです。

有痛性外脛骨ははっきりとした原因がある場合と、そうでない場合があるんです。

で今回が足首の捻挫が原因。

捻挫したのは約1ヶ月前。

バッシュを履いてバスケをやるときは痛みが少ないそうですが、他の部活との兼ね合いで体育館が使用できないときは、校内をひたすら走りまくるんですが、この走っているときにどんどん痛くなってくるとのこと。

で、この校内を走るときに彼はニューバランスのランニングシューズを履いているとのこと。

ちなみに彼はメーカーに対するこだわりはなくて、ただ単純にカッコよくて、履きやすいいものを選んでいるとのこと。

実際に彼はこれまで、アディダス、ナイキ、アシックス、ニューバランスと多くのランニングシューズを中学生の頃より履いてきたそうです。

まあ、まずは足のサイズを測ってみよう!

ということで測ってみました。

すると彼の足の形が丸めだということが分かりました。

ん?

足のどこが丸い?

ここです。

⬇️⬇️⬇️



親指と小指の付け根の横に出っ張ったところを結んで、その部分を切ったとして前から見た形のこと。

大まかにですが、この画像の右下の「A」「B」「C」のように、おもに3種類の形に分けられます。

「A」は丸めの足で、「C」は潰れた形をしています。

「B」はその間。

で、彼は「 A」タイプの丸めの足。

ここで問題なのは、特にランニングシューズは、この部分の形の差が大きいということです。

つまり、全てのメーカーが同じ形をしているわけではないんです。

彼が実際に履いていたニューバランスの形は「C」タイプで潰れた形をしています。

逆にアシックスは「A」タイプの丸い形をしています。

わかりやすい画像があります。



まさみマンが持ってる重ねた2枚の中敷。

下の黄色はニューバランスのレディスの25.0サイズの「D」ウィズ。

上のピンクはアシックスのレディスの25・0サイズの「E」ウィズ。

本来、靴の横幅は「A・B・C・D・E・2E・3E・G・H」と「A」が最も細く、C・Dになるにつれて大きくなります。

でも、ニューバランスの「D」ウィズの中敷(黄色)よりも、アシックスの「E」ウィズの中敷(ピンク)の方が細いではありませんか!

ということは、靴の横幅は直線距離ではなく、あくまで周計(1周のサイズ)なので、ニューバランスの「D」ウィズの中敷よりも大きいはずのアシックスの「E」ウィズの中敷の方が、直線距離で細くなるんです。

ちなみにミズノもこのアシックスに近い形をしています。

で、彼は『A』タイプ。。。

でも、履いているニューバランスの靴は潰れた「C」タイプ。

この形のギャップがもしかしたら、痛みが引かない原因かも。

つまり、潰れた形の靴の中で丸い形の足が動いている。。。

だって、彼が履いていたニューバランスの「1040」という靴は、カウンターもシャンクもある程度しっかりしているし、サイズも彼にとっては一応許容範囲でしたので。

まあ、この靴もボロボロでそろそろ替え時だったということなので、ミズノ ウェーブライダーを履いてもらいました。

で、痛みはバスケやってるときと同じくらいのレベルまで減ったとのこと。

あとは、痛みを取りきりたい!

ということで、とりあえずバッシュにインソール(足底板)をつくりました〜。

今回の勘違いは。。。

サイズが合っていても。

カウンター(踵部の補強)とシャンク(土踏まず部の補強)がしっかりしていても。

足の形の違いが痛みの原因になってるかもよ!

でした〜。

シューズフィッティングページはココ!!


RISE BOX(ライズボックス)
〒448-0843
愛知県刈谷市新栄町2-17
今すぐお電話を!
⬇️⬇️⬇️
0566-23-1033
治療受付時間  月~金 12:30~20:30
                          土    8:30~12:30
        定休日 : 日・祝
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ほまれ接骨院(RISEBOX) | 記事URL

2017年3月17日 金曜日

靴を買う時の縦幅の基準?指1本分?刈谷市・碧南市ライズボックス

ホマレです。

今日もいきます。

勘違いシリーズ。

第5弾!

今日の内容もタイトル通り。

これも当たり前になっていることですが。。。

試し履きをする時に、靴を履いてつま先に指1本分の余裕が必要。。。

これって、やばいんです。

実は。

すご〜〜く。

今日はその辺を掘り下げようと思います。

靴の縦幅のジャストサイズを選ぶにあたり、「捨て寸」という言葉を必ず説明せねばなりません。

「捨て寸」とは靴のサイズ表記よりも少しだけ靴を大きく作っている分のサイズです。

たとえば、靴のサイズ表記が「24.0」だった場合、その靴の実際のサイズは246ミリくらいあり、この場合は「246ー240=6」で、この場合「6ミリ」の捨て寸があるといいます。



この「捨て寸」という概念は、日本で販売されているほとんどの靴に適用されており、基本的には靴のサイズ表記よりも実際には靴が少し大きく(1〜30ミリ)できています。

ではなぜこの捨て寸が必要なのでしょうか。

その理由は2つ。

細かく言えばもっとありますが。。。

まあ、大きな理由はこの2つです。

① 靴下の厚み分

② 地面に足がついた瞬間に足が一瞬大きくなる。

この2つを合わせると人によって様々ですが、だいたい5〜15ミリの捨て寸が必要とされてます。

つまり、どんな人でも自分の足のサイズ ➕ 捨て寸の5〜15ミリが必要です。

で、この捨て寸はもともと靴に含まれています。

しかし、実際に靴自体のサイズを測ることは不可能なので、中敷で測ります。

中敷のサイズが実際の靴のサイズになるのです。

このように捨て寸があるということを理解した上で靴の縦幅を選ばなければなりません。

ここでさらにやっかいなのが、同じメーカーの全く同じ靴でも、サイズによって捨て寸のサイズが違うんです。

⬇️の画像をごらんください。



これはニューバランスの治療院限定モデルのWW584という靴です。

グレーゾーンを見てください。

WW584の2Eウィズを見ていくと、21センチという縦幅の靴の捨て寸は「21ミリ」ですが、24.5センチの靴の捨て寸はなんと「8ミリ」なんです。

実際これくらい違うことが、各メーカーとも、当たり前にあるので、注意が必要です。

つまり、アシックスなら10ミリ、ミズノなら5ミリとかメーカーごとに捨て寸がきまっているわけではないですし、GT−2000だから全サイズの捨て寸が10ミリていうわけではないんです。

わたくしたまにですが、お客さんを一緒に靴屋さんにいって、靴を選ぶことがあります。

で、靴屋さんなので、靴がいっぱい並んでますね。

わたくしその中から靴を選ぶときに靴のサイズ表記はほぼ見ません。

もう何万足も靴を見てきているので、靴を見ればだいたいのサイズはわかります。

大事なのは、靴のサイズ表記なんかではなく、中敷のサイズを測ることなんです。

で、そのサイズこそが靴自体のサイズになります。

つまり、靴を買うときはメジャーが必要なんです。

あ、靴の中には中敷が取れないものもありますね。

このような場合は実際に靴を履いて確かめてみます。

足の甲部にある紐などの調整具をしっかり閉めた状態で歩いてみて、指先(親指・人差し指・中指のどれか)がほんの少し当たってるくらいが捨て寸5〜10ミリくらいと言われています。

その感覚を大事にして試し履きをしてみるといいかもしれませんね。

ということで今日はここまで。

いつまでこのシリーズが続くかわかりません。

が、それだけ勘違いが多いということ。

思いつくだけ書いてみようと思います。



フィッティングページ




RISE BOX(ライズボックス)
〒448-0843
愛知県刈谷市新栄町2-17
今すぐお電話を!
⬇️⬇️⬇️
0566-23-1033
治療受付時間  月~金 12:30~20:30
                          土    8:30~12:30
        定休日 : 日・祝

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ほまれ接骨院(RISEBOX) | 記事URL

2017年3月15日 水曜日

大人になっても足のサイズは変わる?知多市・刈谷市ライズボックス

ホマレです。

今日もいきます。

「勘違いシリーズ第4弾!」

今日のお題はタイトルのまんまです。

「大人になっても足のサイズは変わる?」

です。

話を進めるためにも早速答えを言いましょう!

「YES」

<YES>

『YES』

です。

間違いなく変わります。

その原因は大きく分けて2つあります。

①加齢による変形

人間は年をとっていくと必ず骨が変形します。

特に関節は。

いわゆる荷重関節が。

荷重関節とは自分の体重を支えている関節。

背骨・股関節・膝関節・足関節。

まれ肩・肘・手関節などの荷重関節ではない関節も変形することだってあります。

最も有名なのは変形性膝関節症でしょうね。

つまり、足部の関節も変形すれば、もちろん骨の形自体が変わるので足のサイズも変わります。

②アーチ形成による

人の足の裏には、アーチと呼ばれるいわゆる土踏まずがあります。

このアーチという言葉自体はだいぶ一般の方々にも浸透していますね。

で、その方に合った靴やインソールを履くことで、潰れたアーチが形成されることがあります。

外反母趾だって、その変形が少なくなっていったりもします。

つまり、潰れたアーチが形成されればサイズも小さくなりますね。





ここまで説明して何が言いたいかというと、自分の足のサイズを決めつけていて、それに従ったサイズの靴しか履かない方が以外と多いということ。

当院では測ったサイズをお伝えするときに「あくまで現時点でのサイズです」と必ずお伝えします。

それは上記のような理由があるからです。

そして足のサイズが変わることを、しっかり説明してから靴を購入してもらいます。

で、次に靴を買うときは必ずサイズを測り直します。

つまり、みなさんも靴を買う度にめんどくさいですが、しっかりサイズを測り直しましょう!!

です。

ちゃんちゃん。

サイジング詳細ページ

RISE BOX(ライズボックス)
〒448-0843
愛知県刈谷市新栄町2-17
今すぐお電話を!
⬇️⬇️⬇️
0566-23-1033
治療受付時間  月~金 12:30~20:30
                          土    8:30~12:30
        定休日 : 日・祝
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ほまれ接骨院(RISEBOX) | 記事URL

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31